ふるさと納税でパソコンゲット!自治体3つ&おすすめお礼品5つをご紹介!【2017年3月更新】

ふるさと納税でパソコンゲット

ふるさと納税でパソコンがもらえることはご存じですか?

家電量販店やネットで購入するよりも、節税の分だけおトクにパソコンをゲットできます。

しかも、スペックもそこそこ高いパソコンなんですよ。

今回は、パソコンの申し込める3つの自治体と、お礼品の中でもおすすめできるものを5つピックアップしてご紹介します。

本当におトクなので、申込は一刻も早く、できれば年度が変わる前に行っておくことをおすすめします!

ふるさと納税でパソコンがおトク

ふるさと納税のお礼品の中でも、家電がおトクであることは以前お伝えしました。

【2017年1月版】ふるさと納税の返礼品でもらえるおすすめ家電ランキング10!

高級な家電をただ買うよりも、節税を兼ねてふるさと納税でもらった方がいいよ、というのがこちらの記事の趣旨です。

そして、家電の中でも人気が高いのがパソコン。
単純にハイスペックのパソコンが手に入るのもありがたいのですが、還元率という観点から見ても、他のお礼品のジャンルとは比べものにならないお得感があります。

後でお伝えするとおり、高級家電がふるさと納税のお礼品から排除される流れもできつつあり、いつまでもらえるのかは不透明なところ。

だからこそ今のうちにご紹介しておきたいわけですね。

パソコンのもらえる自治体は?

ふるさと納税でパソコンを探すなら、ポータルサイト「ふるなび」へアクセスしましょう。
上記の家電記事でも述べたとおり、家電に強いふるさと納税ポータルサイトです。

ふるなび
(URL : https://furunavi.jp/)

長野県喬木村

長野県喬木村は、長野県の南部に位置する小さな村。

リニアモーターカーの駅が南信州にできることもあり、そちらを見据えた村づくりを進めているとか。

村内にエプソン製のタブレットやパソコンを製造するメーカーがあり、村民の多くがそちらで働いていることもあって、ふるさと納税のお礼品にエプソン製品が数多くラインナップされています。

長野県飯山市

長野県飯山市は、長野県北部にある市。有名な野沢温泉村の隣に位置し、雪の多い地域として知られています。

こちらでは、国産のパソコンメーカーであるマウスコンピューター社の工場があることから、同社のハイスペックなデスクトップ型パソコンがお礼品として提供されています。

一般的な家電量販店ではなかなか手に入りにくいタイプですので、ふるさと納税は貴重な機会なんですよ。

山形県米沢市

山形県米沢市と言えば「米沢牛」が有名ですが、実は東北でも有数の産業集積地。
こちらではレノボ製のパソコンが提供されており、高い還元率もあって大人気となっています。

おすすめパソコン5選!

上記3つの自治体で提供されているパソコンやタブレットのうち、おすすめを5つご紹介します。

長野県喬木村「14型ノートPC「NY2500S」」

寄付金:120,000円
原価:52,920円
還元率:44.1%

喬木村で製造されている、エプソン製のノートPCです。
特筆すべきスペックはありませんが、プライベート用としてもビジネス用としても、特殊な使い方をしない限り十分実用に耐える作りです。

なお、スペックをアップさせたい場合はCPUやメモリを交換することもできるようです。

申込はこちら
(URL : https://furunavi.jp/product_detail.aspx?pid=9838)

長野県飯山市「「made in 飯山」マウスコンピューター タワー型クリエイター向けデスクトップパソコン「DAIV-DGZ510E1-SH2-A-IIYAMA(Office搭載)」」

寄付金:280,000円
原価:185,328円
還元率:66.2%

飯山市で製造された、マウスコンピューター製のクリエイター向けデスクトップパソコンです。
主要な画像編集アプリケーションも、グラフィックスパワーをすれば利用可能。

まさに、クリエイターのためにある特別なパソコンです。
還元率も66.2%と、かなり高い値をたたき出しています。

申込はこちら
(URL : https://furunavi.jp/product_detail.aspx?pid=15648)

長野県喬木村「10.1型タブレット「TN21E」」

寄付金:88,000円
原価:66,204円
還元率:75.2%

喬木村で提供されているタブレット2種類をご紹介します。
まずは、ビジネス用(飲食店のオーダー端末、工場の管理端末など)にも使用できる10.1型のタブレットです。

何と言っても、驚きの還元率75.2%でしょう。
ここまで高い還元率は、全自治体の全お礼品を見渡してもなかなかありません。
大人気商品ゆえ申込~発送までが1ヵ月以上かかること必至ですので、早めに申し込んでおきましょう。

申込はこちら
(URL : https://furunavi.jp/product_detail.aspx?pid=15219)

長野県喬木村「11.6型2in1タブレット「TN30E」」

寄付金:170,000円
原価:推定85,320円
還元率:50.2%

こちらは、タブレット部分とキーボード部分が分離する「2in1」と呼ばれるタイプのパソコンです。

ノートパソコンのように使用することもできますし、タブレット端末として使用することももちろん可能。
タッチペンも付属されています。本体に収納できるので、紛失する心配が減ります。

動画の視聴も問題なくできるので、一家に一台ほしい製品かもしれません。

申込はこちら
(URL : https://furunavi.jp/product_detail.aspx?pid=9840)

山形県米沢市「Lenovo ThinkPad X1 Carbon 14型 薄型・軽量モバイルノート スタンダードパッケージ」

寄付金:250,000円
原価:188,784円
還元率:75.5%

米沢市で唯一提供しているPCですが、こちらも還元率は驚異の75.5%。

購入しても200,000円近くするものが、250,000円の寄付で手に入ってしまうわけですから…どれだけおトクなのかお分かりいただけると思います。

レノボ製のパソコンの中でも結構スペックのよいもので、約1.14kgなのに耐久性もあり、持ち歩きにも便利です。

パソコンを購入するよりも、ふるさと納税でもらった方がいいですよ。

共働きで年収1,200万ほどある人であれば、自己負担額2,000円で手に入れられます!

申込はこちら
(URL : https://furunavi.jp/product_detail.aspx?pid=9840)

家電の申込は早めに!その理由とは…?

実は、ふるさと納税から高額なお礼品を除外する流れがあります。

まず、2015年4月に総務大臣から「高額又は寄附額に対し返礼割合の高い返礼品(特産品)」をお礼品として送付しないように、通知が出ているんです。

返礼品(特産品)送付への対応について

「家電」と名指しはされていませんが、還元率が70%を超えるようなパソコンが「高額又は寄附額に対し返礼割合の高い返礼品(特産品)」に当たるのは明らかです。

また、最大のポータルサイトである「ふるさとチョイス」が、2016年に入って家電の掲載を取りやめました(ゆえにふるなびが注目されているのですが)。

2017年に入ってからも、高市総務大臣が記者会見で「返礼品の見直しについて、働きかけを強化する」旨の発言を行っています。

高市総務大臣閣議後記者会見の概要

こうした流れを踏まえると、いつパソコンをはじめとした家電がふるさと納税のお礼品リストから消えても不思議ではありません。

だからこそ、できるだけ早く申し込んでおくべきなのです。

控除上限額を踏まえてパソコンを狙おう!

パソコンは高額なため、ふるさと納税による控除の上限額を踏まえる必要があります。

詳細は以下のページを参照してください。

ふるさと納税をはじめる前に知っておくべき7個の注意点

ABOUTこの記事をかいた人

ロバート 前田

人材派遣を学生時代から始めたのをキッカケに、人生相談を12年で1万人以上の人たちから受けています。 現在、 お金を守る、 お金を殖やす、 お金を稼ぐを テーマにLTV(生涯支出) とどこまで向き合えるのか?! をテーマに日々精進しています。