ふるさと納税をしてお得に特産品をゲットしよう!

yuuki150321200i9a4368_tp_v

最近、CMなどでも大きな話題になっている「ふるさと納税」。

みなさんはされていますか?そもそも「ふるさと納税」について詳しく理解されている方はどれほどいるのでしょうか?

納税をすれば、その都市から何かが送られてくる・・・くらいの知識しかないのは私だけでしょうか?

「ふるさと納税」のことを知っていれば、実はとってもお得なんですよ。

そこで今回は「ふるさと納税」について、調べてみました。

ふるさと納税とは

freee151107218260_tp_v

納税という言葉があるだけで、ものすごく抵抗感があるのは私だけでしょうか?

安易に手を出しにくいものですよね。

でも難しい物ではないのです。最近では「ふるさと納税」がとても注目されるようになりました。

その背景には地域の活性化がとても重要になってきています。

ではそんな「ふるさと納税」の仕組みなどをしっかり理解していきましょう。

ふるさと納税の仕組みとは

ふるさと納税とは、簡単に言えば「地方自治体に直接行く寄付金」のことです。

納税という言葉を使うから難しいのであって、単に寄付をすると考えれば難しいことは全くありません。

ふるさと納税自体は平成20年から始まりましたが、最近になって注目されだしましたね。

その理由としては、平成27年以降のふるさと納税がかなりお得になったことが大きな要因です。

以前との違いはこの3つです。

寄付金の控除額が2倍になった

つまり帰ってくるお金が増えたということです。

5自治体以内であれば確定申告が不要

確定申告という手間を省くことができるようになりさらに簡単に手が出せるようになりました。

特産物の種類が豊富になった

以前のラインナップに加えて、さらに種類が豊富になったので楽しみも増えましたね。

生まれ育った地域から離れる社会人が増えたために、地方にお金がいきわたらなくなった現状があり、そのためにこのような制度がうまれました。

もちろん、生まれ育った地域以外でもふるさと納税をすることは可能ですので、以前旅行などでお世話になった地域だったり、特産物が好みの地域であったり・・・どこでもOKです。

ふるさと納税をすることで得するの?損するの?

お金を寄付するのだから、損をしているように思いますよね。

でも実はそういうわけではないのです。

ふるさと納税に対して、寄付金の控除額が2倍になりました。

具体的に言うと・・・1つの地域に1万円のふるさと納税をしたとします。

そうすると、地域の特産物が送られてきます。その金額は大体5000円ほどです。

そのことを考えると、5000円も損していることになりますよね。

でも税金が8000円戻ってくる仕組みなのです。

ということは、5000円の特産物が2000円で手に入ったようなものですよね。

このように、寄付金の-2000円が税金として戻ってくるのでどう考えてもお得ということです。

ただし上限金額がありますので全ての条件にあてはまるわけではありません。

また、税金が戻ってくるというシステムですのでふるさと納税をしたからと言ってすぐにもどってくるわけではありません。

年度末になりますので少し時間差がありますね。

ふるさと納税のメリット・デメリット

pak86_cyottomimikashite20140321_tp_v

ふるさと納税をするにあたって、いい面と悪い面を理解しておく必要があります。

メリットとは

所得税・住民税が安くなる

納税金額が2000円以上であればその金額は控除額になります。

(収入によって上限金額がありますので要注意です!!)

お金が戻ってくるといっても「ふるさと納税をしたから」と明確な内容ではなく、「所得税・住民税が安くなる」という状態でお金が戻ってきます。

地方の特産物がもらえる

現在、ほとんどの自治体でお礼としてその土地ならではの特産物が送られてくるようになりました。

その地域に行かなくても、直接お家に特産物が届けられるのでより楽しむことができますよね。

それがたったの2000円の出費でもらえるということですから、ふるさと納税をするものにとってとってもよい条件ですよね。

地域発展に協力できる

地域によってはどんなことにその寄付金を使うかを選択できるとこもあります。

はっきりと寄付金の使い道がわかるのでとても気持ちがいいですよね。

デメリットとは

一気にお金が出ていく

お金が戻ってくるとはいっても、一度は寄付をする形ですからお金が一気に必要になります。

状況によっては痛い出費ですよね。

手間がかかる

寄付をする地域が5か所以内ですと確定申告は必要なくなりましたが、ふるさと納税をすることで様々な手続きが必要となります。

まずは寄付をする地域と金額を考えます。そして、寄付をする申込み手続きをして支払方法を選択します。

現金でも可能ですがクレジットカードなどですとポイントなどになりますのでオススメですよ。

賢く納税すると、特産物をもらえる上に控除されて税金としてお金も戻ってくるこの制度をぜひ利用してみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

ロバート 前田

人材派遣を学生時代から始めたのをキッカケに、人生相談を12年で1万人以上の人たちから受けています。 現在、 お金を守る、 お金を殖やす、 お金を稼ぐを テーマにLTV(生涯支出) とどこまで向き合えるのか?! をテーマに日々精進しています。