副業したときの確定申告って必要?どうすればいいの?

72a91fa2706044d99494c231d0679ec2_s

自分や配偶者の給料アップが期待できないということで、株取引、アフィリエイト、ネットオークションなど、少しでも収入を上げられる副業を行っている方も多いでしょう。

そうした方が気になるのが「確定申告」。
とにかく面倒くさい!事務手続きいやだ!税金きらい!というマイナスのイメージばかりが先に立って、直前まで何もせずに後で苦しむ人が多いんですよね。

そこで今回の記事では、そもそも確定申告って何なの?という話からはじめて、どういう条件に当てはまったら確定申告しないといけないのか、どうやって確定申告するのかをお伝えします。
はじめて確定申告をやろうとしている方が、この説明で少しでも気持ちが楽になったらうれしいです。

そもそも確定申告って何?

5485fbc8422ae3b01d01d4dc5a323832_s

確定申告とは、税務署に対して自分の所得を伝えること。
申告時期は毎年2月15日から3月16日までの一ヶ月間で、税務署や役所の確定申告会場で申告を行うことができます。

2017年2~3月に確定申告を行うのであれば、2016年1月1日~12月31日の収入、支出、経費、医療費などから「所得」を計算します。
「私の去年の所得が○○円と『確定』しました!」と税務署に「申告」するから「確定申告」と呼ばれているわけですね。

納税は義務ですから、きっちり事務手続きできないとまずいですよ!
それにきっちりやれば、払いすぎた所得税や住民税の分をいくらか取り戻せることもあります。

あなたは確定申告が必要なのか?

e5dd08745587f02ebb4c252df3dcf2c8_s

次に気になるのが、自分が確定申告の対象なのかどうか、ということです。
ここでは、副業による収入に焦点を絞って、確定申告の必要の有無についてご説明します。

会社員の副業が年間20万円を超えたら必ず確定申告

まず、会社員として本業の給与収入がある方のケースです。
この場合、副業で年間20万円以上所得があったら確定申告が必要です。

ここで、「収入=売上」ではなく「所得」であることに注意してください。
仮に収入が30万円でも、仕入れ代やパソコン代など、経費を15万円計上できるのであれば確定申告は必要ありません。

ただし、所得が年間20万円以下でも住宅ローン控除や医療費控除を受けたい場合は、そちらの申告とともに副業所得の申告も必要になってきます。

主婦なら??万円までOK

会社員として勤務していない主婦・主夫などの方の場合は、いろいろな「控除」がある分、少し話がややこしくなります。
その分得ができるということでもあります。

まず、年間38万円の「基礎控除」があります。
これは、会社員でも主婦でも未成年者でも、一律で適用される控除のことです。
基礎控除があるので、収入が38万円未満であれば、所得はゼロ。確定申告は必要ありません。

次に、パートやアルバイトでもらう給与収入には、経費の特例が年間65万円認められています。
したがって、パート・アルバイトは収入103万円未満なら確定申告不要です。

問題はフリーランス、つまり在宅で仕事をしているときの収入です。
この場合、65万円の控除が受けられれば確定申告不要、受けられなければ必要ということになります。
これはケースバイケースなので、管轄の税務署に聞いてみるのが手っ取り早いです。
また、「所得税の青色申告承認申請書」を提出しないと65万円の控除は認められませんから、注意してくださいね。

以上をまとめると以下の通りです。
収入38万円未満なら確定申告不要!
収入38万円以上103万円未満なら、パート・アルバイトのみ不要!フリーランスは要確認!
収入103万円以上なら必要!

事前に準備しておくもの

851858ae880d82aec71706ddad442ad6_s

確定申告の面倒くささは、事前準備が8割、書類作成が2割といったところでしょうか。
要するに、経費にするための領収書集めや収入の整理が面倒くさいのです。

ここさえできていれば、分からないことがあったら直接税務署に出向いて尋ねることでクリアになりますし、時間もかかりません。
(税務署に出向いたときに、準備物が不足しているから面倒になるのです…)

さて、具体的に集めておくものは以下の通りです。

・勤めている会社の「源泉徴収票」 ※勤めていない場合は不要
・副収入の合計額が分かる明細書
・経費の領収書
・預金通帳
・銀行印

要するに、収入と支出の明細と合計額が理解できるものを準備しておきます。
ちなみに、経費精算や確定申告書作成をラクにしてくれる確定申告ソフトがいくつも出回っていますから、明細が増えてきたらそういったものを利用するとよいでしょう。

確定申告の方法

ca7bbd9f0b10f65fbf81d7a0452dc9d8_s

準備物が揃ったら、書類作成です。
ここでは、初めての人を対象に最も手軽な方法の概要だけご説明します。

ネットで作成!

税務署で推奨されているのは、オンラインで確定申告書を作成し、郵送ないし持ち込みで届け出ることです。
以下のページから、画面の指示に従うことで作成可能です。

所得税(確定申告書等作成コーナー) | 申告・納税手続 | 国税庁

事前の準備がしっかりしていれば、スムーズに入力できます。

税務署に行って教えてもらう

でも、初めての確定申告書作成は分からないことばかりで嫌になってしまうことも。
そこで、不安な方は税務署で指導員に指導してもらいながら入力する、という手段もあります。
最初は人に教えてもらうのが無難かもしれませんね。

時期や場所によっては混雑していますので、ある程度の待ち時間は覚悟して出かけてください。
準備した書類(収入・支出が分かるもの)を持参することは忘れないでくださいね。

納税は国民の義務!さっさと手続きを済ませましょう!

72a91fa2706044d99494c231d0679ec2_s

面倒な確定申告ではありますが、一度やれば「こんなものか」と拍子抜けするはずです。
手間を決めるのは事前の準備ですから、今年からはしっかり明細を記帳していくようにすると来年の確定申告が10倍くらい楽になります。

納税は国民の義務ですから、さっさと手続きを済ませて、気持ちよく終わらせましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

ロバート 前田

人材派遣を学生時代から始めたのをキッカケに、人生相談を12年で1万人以上の人たちから受けています。 現在、 お金を守る、 お金を殖やす、 お金を稼ぐを テーマにLTV(生涯支出) とどこまで向き合えるのか?! をテーマに日々精進しています。