年収600万の人のふるさと納税おすすめ返礼品は?シミュレーションしてみました!

600

今回は、年収600万だとしたらどういった返礼品がおすすめか?という観点から、選び方をシミュレーションします。

何度かご説明してきたとおり、ふるさと納税では収入に応じて税金控除の対象になる寄付額の上限が決まっています。

また、収入だけではなく、家族構成によっても上限額が大きく左右されます。

住宅ローンがあることでも上限額は引き下げられます。

したがって、ここでは年収600万の共働き or 独身世帯と、年収600万の夫婦+子2人(大学生と高校生)世帯の二種類を例として取り上げ、それぞれのおすすめ返礼品を考えてみました。

年収600万の場合の控除額上限は?

ふるさと納税を行う際は、最初に自分のだいたいの控除額を確認するのがセオリーです。

詳しくは以下のページを参照してください。

【永久保存版】ふるさと納税の流れ!6つのステップで簡単に手続き!

2015年以降は、住民税の所得割額の約20%がふるさと納税から還付対象となる金額。

具体的には、年収600万円の場合、共働き or 独身世帯と子2人(大学生と高校生)世帯ではおおむね以下の通りとなります。

共働き or 独身世帯…77,000円
子2人世帯…43,000円

このように、年収が同じでも、家族構成によって30,000円以上の差があります。

詳しくは総務省のポータルサイトを確認しましょう。

税金の控除について | 総務省
ただし、これらの金額は他の控除を受けておらず、給与収入を受けており(経営者や個人事業主ではなく)、社会保険料が給与収入の15%とした場合の仮定の数字。

こちらの金額を絶対視してぎりぎりまで寄付すると、翌年になって「あれ?思ったより控除されていない…?」ということになりかねません。

住宅ローンを組んでいるとどうなる?

住宅ローンを組んでいる人は、住宅ローン控除を利用しているはずです。

この場合でも、ふるさと納税による控除と併用することは可能です。

ただし、所得が少なくて多額の住宅ローンを組んでいる人に限り、ふるさと納税の控除上限額が引き下げられる=自己負担額が増える可能性があります。

例えば、年収600万で住宅ローンが1億円あったとしましょう。

住宅ローン控除はローン残高の1%が戻ってくる制度ですから、最大で年間100万円が対象となります。

仮に所得税が20万円、住民税が40万円とすると、戻ってくる税額は最大で60万円ですね。

これで、所得税も住民税もゼロになりました。

ここで、最初に述べたふるさと納税の控除額概要を思い出してください。

「2015年以降は、住民税の所得割額の約20%がふるさと納税から還付対象となる金額」

住民税がゼロなのであれば、ふるさと納税からの還付対象もゼロです!

このケースでは、ふるさと納税の寄付額が全額自己負担となってしまいます。

ざっくりまとめると以下の通りです。

・住宅ローン控除+ふるさと納税控除≧所得税+住民税 → 自己負担増!
・住宅ローン控除+ふるさと納税控除<所得税+住民税 → 自己負担変わらず!

詳細な金額は一人ひとりの事情によって異なるので、住んでいる自治体か専門家にご相談ください。

年収600万×独身 or 共働き世帯おすすめ返礼品3選

まず、独身 or 共働き世帯で、控除上限額が77,000円だとした場合のおすすめ返礼品を選んでみます。

長野県伊那市「パナソニック 低速ジューサー」

寄付金額:60,000円
原価:37,584円
還元率:62.6%

低速回転によって、ビタミンCを壊すことなく果物・野菜からジュースを作ることができます。

ビタミンの不足しがちな生活には、便利な家電となるのではないでしょうか。

ただ、洗濯機や冷蔵庫などといった家電とは異なり、ジューサーは「生活に必須」とまでは言いがたいはず。

家電量販店で購入するよりも、ふるさと納税で「ついで」に入手するのが賢い選択と考えます。

申込はこちら

宮崎県都城市「宮崎牛ハンバーグとバラエティ3kgセット」

寄付金額:10,000円
原価:推定6,000円
還元率:約60.0%

残りは10,000円強。

ここは、加工肉を大量にもらって買い物の手間を減らしたいところです。

選択肢はいくつもありますが、ここでは自治体の中でも実績ナンバーワンの宮崎県都城市から、お肉てんこ盛りのセットをおすすめします。

合挽肉のハンバーグ160g×10個、豚肉ハンバーグ100g×8個、ベーコン約300g、チーズ入りフランクフルト100g×3本。
なんと合計3kgの加工肉が手に入ります。

限定品なので申込はお早めに!

品切れの場合は、都城市で他の豚肉・鶏肉あたりを選ぶとよいでしょう。

申込はこちら

山梨県甲州市「クラノオト デラウェア」

寄付金額:5,000円
原価:1,620円
還元率:32.4%

ここまでで寄付を終わらせてもよいのですが、お酒好きな方はリーズナブルなワインを最後に選ぶのもよいでしょう。

ワインの名産地甲州市から、デラウェアのスパークリングワインです。

甘すぎずすっきりした飲みごたえで、上品な風味が後に残ります。

申込はこちら

年収600万×子ども2人世帯おすすめお礼品4選

次は、43,000円の上限である子ども2人(高校生・大学生)のいる世帯のおすすめお礼品です。

食べ盛りの子どもがいますので、食べ物を大量にもらうことを最優先としました。

43,000円しか払えなくても、かなり満足できる自信のラインナップですよ。

宮崎県都城市「大万吉豚4kgセット」

寄付金額:10,000円
原価:10,000円
還元率:100.0%

何と、事業者の販売価格と寄付金額が同じ!驚きの還元率100%です。

内容も肩ローススライス 300g、ローススライス 600g、バラ焼肉用 690g、ウデモモ切り落とし570g×4など、合計4kgの大奮発。

もちろん、畜産の町・都城市のブランド豚なので品質も折り紙付き。

しゃぶしゃぶ、すき焼き、焼肉はもちろん、さまざまな料理に使えますね。

数量限定品ですので、申込はお早めにどうぞ。

申込はこちら

茨城県石岡市「【限定品】味比べ【21kg白米】セット つくば山麓厳選28年産」

寄付金額:10,000円
原価:推定9,500円
還元率:約95.0%

お肉ときたら、次はお米を手に入れましょう。

複数の自治体が、寄付金額10,000円に対して20kg前後のお米を提供しています。

中でも現在おすすめしたいのが茨城県石岡市。

こちらは、3種類のコシヒカリを21kg提供で還元率は90%超え!

「恋瀬姫の舞」という品種のパッケージが萌えキャラ(石岡市公認キャラクターだそうです…)で少し恥ずかしいですが、味は素晴らしいものがあります。

こちらも申込はお早めに!

申込はこちら

山形県寒河江市「田舎そば200g×40束(業務用セット80人前)」

寄付金額:10,000円
原価:6,840円
還元率:68.4%

うどんやそば、ラーメンなどといった麺類も、家族が多いとすぐになくなってしまいますよね。

こちら山形県寒河江市の田舎そばは、強いコシと香りで食べ応え抜群。食べ盛りの子どもも満足できます。

これが40束ももらえるので、数ヶ月はそばの購入は不要でしょう。

還元率も堂々の60%オーバーです。

申込はこちら

福岡県新宮市「有名通販サイトでも大人気の純国産米油『こめしぼり』600g×10本/限定50箱」

寄付金額:12,000円
原価:9,300円
還元率:77.5%

あと10,000円ほどですので、追加で肉や野菜など生鮮食品を頼んでもよいのですが、そろそろ食べ物の保存場所に困るのではないでしょうか…

そこで、最後に保存の利く調味料系を一つ頼むことにします。

今回は、米ぬかから作った米油で、脂質の酸化を防ぐビタミンEが豊富に含まれています。

米油はサラダ油よりも高いので、スーパーですとなかなか手が出ないという方もいらっしゃるかもしれませんが、ふるさと納税で手に入れればかなりおトクです。

申込はこちら

正確な控除額は専門家に確認しよう

今回は住宅ローン控除のあるケースについてご説明しましたが、実際は個人事業主の場合や医療費控除がある場合など、所得税や住民税をめぐるさまざまな調整によって事情は異なります。

正確なふるさと納税の控除上限額は自分では計算しきれないことも多いので、お住まいの自治体窓口か税理士のような専門家に相談するのが安心です。

それが面倒…という場合は、総務省ポータルサイトに表示された限度額の8~9割程度に寄付額をとどめておくのが無難でしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ロバート 前田

人材派遣を学生時代から始めたのをキッカケに、人生相談を12年で1万人以上の人たちから受けています。 現在、 お金を守る、 お金を殖やす、 お金を稼ぐを テーマにLTV(生涯支出) とどこまで向き合えるのか?! をテーマに日々精進しています。