アフィリエイトブログ運営で信頼されるノウハウ記事の書き方とは?

liteting

アフィリエイトブログの運営ではアクセスを呼びやすいノウハウ記事を書くことが多くなりますが、その正しい書き方を理解していない人も多く見受けられます。

しかし正しい書き方に乗っ取って記事を書いていけば、記事は信頼されしっかりと読まれるようになります。

アクセスを呼ぶことに苦労している人や、訪問時間、1アクセスあたりのPV数が伸び悩んでいる人は今回ご紹介するノウハウ記事の正しい書き方を実践してみてください。

信頼されるノウハウ記事とは

ノウハウ記事はネット上に無数に存在しますが、その中で特に信頼される記事とはどういった記事なのかというと、「専門家が書いた記事」というのが一つの答えとなります。

例えば医療関係の記事の場合、何の知識もない人が「頭痛には〇〇が効果あるらしいですよ」と書く記事と、医者が「頭痛には〇〇が効果絶大です」と書くのであれば、同じことを書いていたとしても信頼度がまったく違うと感じるはずです。

このように、その分野に特化した専門家が記事を書くことで、ノウハウ記事の信頼度は高まるのです。

だからこそ、プロフィールなどでは自分がどの分野の専門家なのかを明確にアピールし、どういったスタンスの考え方なのかを示していく必要があります。

記事を書いている人が何者なのかがわかれば、それだけで記事を読んでもらいやすくなります。

記事タイトルはキーワードから決める

ブログ記事にはタイトルを付けなければなりませんが、ここも適当に付けてはいけません。

まず記事を書くときには検索されたいキーワードから決めて書くようにし、そのキーワードをタイトルのなるべく左側に入れていきます。

そうすることで検索結果に記事が表示された時に読者の目にキーワードが留まりやすくなり、自分の記事を読んでもらいやすくなります。

また、ただキーワードを入れるだけでなく、読者が抱えている悩みを解決できると思われるようなタイトルにするように心掛けましょう。

ノウハウ記事は最初の3行が勝負

ノウハウ記事というのは、最初の3行の書き方によって読まれるかどうかが決まると言っても過言ではありません。

最初の3行というと導入文になりますが、この導入分では次の2つのことを意識して書くと効果的です。

  1. 読者が期待しているであろう答えを否定する
  2. 知られていないであろう事実を書く

この2つのどちらかを最初に書くことで読者を驚かすことができ、一気に記事の続きに対する興味を惹くことができます。

導入文では「いい意味で期待を裏切る」ということが大切になるのです。

最初の掴みで「続きを読みたい!」と思わせるか、「他と同じことしか書いてないな」と思われるかですべてが決まってしまいます。
最初の3行は記事の玄関口なので、それくらい重要な役割を担っているのです。

ノウハウ記事の基本構成

ノウハウ記事には鉄板の基本構成というものがあります。

次のような順序で書くことで自然と記事を最後まで読んでもらいやすくなります。

  1. 導入文で知られていない事実、期待しているであろう答えの否定
  2. その事実の根拠とは
  3. ではどうすればいいかという対応策
  4. 結論

このステップで記事を書いていくと、読者は自然と記事の内容に吸い込まれるように続きを読んでいくことができます。

ノウハウ記事以外にも当てはまることですが、記事の構成にはストーリーが重要なのです。

思いついたことをただ書いていくだけでなく、どういった順序で書くことで読者の興味を惹くことができるのかを考えながら書く必要があります。

この構成を意識しながら書いてみると、きっと専門家が書くノウハウ記事らしい記事が完成することでしょう。

ノウハウ記事の注意点

ノウハウ記事を書く際にはいくつか注意しなければならない点もあります。

ちょっとしたことですが、基本的な部分なので意識して書いてみることをおすすめします。

文字数は2,000文字くらいまで

ノウハウ記事というと5,000文字や10,000文字といったが大ボリュームの記事を想像してしまいますが、最後までしっかりと読まれやすいのは意外と2,000文字くらいまでのボリュームです。

20,000文字の記事に10個のノウハウを詰め込むよりは、切り分けして1ノウハウ2,000文字の記事を10記事作る方が読者は読みやすいものです。

ボリュームが少なすぎるのもSEO的に不利になりますが、2,000文字程度あればしっかりと内容のある記事を書けるので、あくまで目安ではありますがあまり1記事のボリュームが大きくなりすぎないように気を付けましょう。

読者の気持ちになって書く

自分が読者だったらどういったところに疑問を感じるかを考え、そういった疑問点を解消しながら書くことも大切です。

一方的にノウハウを書くだけの記事になってしまうと、読む方が不快に感じることもあるので注意が必要です。

言い回しに気を付ける

専門家のノウハウ記事という前提があるので、「~と思う」「~かもしれない」といった頼りない表現は基本的に避けるように注意しましょう。

専門家らしく自信を持って「~です」と言い切る文章で書くことが重要です。

まとめ

ネット上には様々なノウハウ記事が溢れかえっていますが、専門家がきちんと順序よく解説してくれている記事はごく一部です。

だからこそ、きちんとした内容の記事を正しい構成で書くことで、信頼されるノウハウ記事を作り上げることができるのです。

ノウハウブログの伸び悩みを感じているのであれば、是非今回ご紹介した方法を試してみてください。