ドメインの種類とSEOの関係性について

holding-a-dot-com-ii-1411485-640x480

WordPressなどでアフィリエイトサイトを作るときには、独自ドメインを取得しなければなりません。

好きなドメインを取得すればいいのですが、種類が多すぎて困惑してしまうこともあると思います。

種類によって価格も大きく変わってくるので、何も知らずに価格の高いドメインを取るのは勇気がいりますし、逆に安いドメインにも不安を感じるかもしれません。

そこで今回は、ドメインの種類とそれぞれの特徴、SEOとの関係性について解説します。

無難なのは「.com」「.net」「.org」

Webサイトを見ていてよく目にするドメインが「.com」や「.net」、「.org」といったドメインです。

特に「.com」は世界中どこでも取得できますし、多くのWebサイトが使用しています。

「.net」や「.org」も現在では「.com」とほぼ同じようなポジションですが、元々はそれぞれに制限のあるドメインでした。

「.net」は元々ネットインフラのために使われていたネットワーク用のドメインという歴史があり、「.org」も元々は非営利団体用のドメインという位置付けだった歴史があります。

現在ではどちらも制限はなく、世界中の誰もが取得可能なドメインとして人気を得ています。

日本では信用の高い「.jp」

「.jp」はccTLD(country code TLD)という種類のドメインで、日本に住所がなければ取得できないドメインです。

その分「.com」などと比べると信用度は少し高くなると考えられます。

しかし取得数に制限などはないため、日本に住所があるというだけでそれ以上の価値はないともいえます。

「.com」よりも価格が高くなるので、見栄えを少しでも良くしたいというこだわりがある人以外には特におすすめというわけではありません。

アフィリエイトサイトに使用する程度であれば、基本的に「.jp」は必要ないと考えていいでしょう。

「.co.jp」は日本企業限定

「.co.jp」というドメインとなると、これまで紹介してきたドメインとは大きく異なってきます。

このドメインは日本国内に登記のある企業にしか取得できないドメインであり、1つの企業に1つしか取得することが許されないという厳しい制限があるドメインなのです。

日本の企業がコーポレートサイトを作るときにはほとんどの企業がこの「.co.jp」を使用します。

それだけ価値があり信用度も高いドメインだといえます。

日本の企業は世界的にも信用度が高いので、「.co.jp」のドメインを使用しているサイトというだけでも世界中から一定の信頼を得ることが可能です。

世界的に通用するドメインなので、自社のブランディングには大きな力を発揮してくれるドメインだといえるでしょう。

SEOで有利なドメインは?

日本において比較的メジャーなドメインをいくつか紹介してきましたが、これらのドメインとSEOの関係性はどの程度あるのでしょうか。

実はドメインがSEOに与える影響はそれほど大きなものではありません。

ドメインに悩む時間があるならコンテンツに力を入れた方がSEO的には断然効果を発揮するでしょう。

しかし全く関係性がないというわけでもないので、SEOとドメインの関係性について触れてみます。

「.com」「.net」「.org」の強さ

まずは「.com」「.net」「.org」の3つのドメインの強さについてですが、この3つを比べた場合のSEO的な差はほとんどないと考えて良いでしょう。

あえて順番を付けるのであれば、

1.「.com」
2.「.net」
3.「.org」

という順番になりますが、その差はないものと考えて好きなものを選んで問題ありません。

見たこともないような、よくわからないドメインと比べればこれら3つは多少有利になると考えられますが、ドメインで極端な差は出ないと考えて大丈夫です。

「.jp」「.co.jp」の強さ

「.jp」と「.co.jp」に関しては、SEO的に少し有利に働くと考えられています。

日本のドメインなので特に日本語ドメインとの相性は抜群で、例えば「日本語ドメイン.jp」のように日本語ドメインと「.jp」の組み合わせはSEOでも有利に働きます。

ただし、「.jp」はいいですが「.co.jp」のドメインは1つしか取得できない大切なものなので、日本でしか通用しなくなる日本語ドメインには使用しないことをおすすめします。

アフィリエイトサイトにおすすめのドメインは?

様々なドメインを紹介してきましたが、結局アフィリエイトサイトに使用するにはどのドメインがおすすめなのかというと、「.com」または「.net」をおすすめします。

SEO的にも無難で、メジャーなドメインなので怪しまれにくいというメリットがあります。

見たこともないようなドメインだと一瞬怪しまれる可能性がありますからね。

ただ、基本的にアフィリエイトサイトの場合はどんなドメインでも好きなものを選んで大きな問題はありません。

価格重視で一番安く取得できるドメインを選ぶのもいいと思います。

自分が思っているほどドメインは意識して見られることがない部分なので、企業のコーポレートサイトなどでない限りあまり考えすぎない方が良いでしょう。

まとめ

わかっているようでよくわかっていないドメインですが、結論的には誰でも取得できるドメインにはSEO効果はそれほど差がないということです。

信用度で選ぶなら「.jp」を取得するのもアリですが、アフィリエイトサイトであれば「.com」程度でも十分です。

ドメインによるSEO効果にはあまり期待せず、サイトのコンテンツを充実させることに時間を使うことをおすすめします。