値下げ交渉は当たり前!?メルカリで出品する時の値付けのコツ

NEBIKI

メルカリはフリマアプリというコンセプトのサービスだけあり、実際のフリマのように値下げ交渉が頻繁に行われています。

値下げ交渉することを楽しみにメルカリを利用している人もいるくらいなので、今ではメルカリの文化ともいえるでしょう。

しかし出品者側からすると、なるべく高く売りたい商品を値下げさせられるというのは辛いことでもあります。

そこでこの記事では、メルカリで商品を売るときの値付けのコツについて解説していきます。

メルカリ値下げ交渉の実態

メルカリにおける値下げ交渉とは、本物のフリマ同様出品者と購入希望者がコメント機能を使って値段の交渉を行うことです。

メルカリを利用したことがある人なら、一度はそういったやり取りをしているコメント欄を見たことがあるのではないでしょうか。

出品されている商品に対し購入希望者が、

「この商品は値下げ可能でしょうか?」

「○○円であれば購入したいのですが値下げは可能でしょうか?」

といった具合に質問し、出品者がそれに対し

「○○円の値下げであれば可能ですがいかがでしょうか?」

「○○円は難しいですが、△△円までであれば値下げできます!」

などとコメントで返信して交渉を行います。

この値下げ交渉の特徴として、実は多くの場合で値下げ希望者は値下げ金額にはこだわっていないということがあります。

自分の中ではすでに半分くらい買うことは決めていて、「少しでも安くなればラッキー」といった気持ちで交渉しているのです。

つまり最初に100円の値下げを希望してきても、「100円は無理だけど50円ならいいよ」と返事をすればほとんどの場合で購入に繋がります。

少しでも安く買いたいという気持ちに応えてあげることができれば、希望額でなくても購入してもらえるのです。

これは非常に大切なポイントで、少しでも高く売りたい出品者と、少しでも安く買いたい購入者の両者が納得のいく結論に導けるのです。

あくまでも交渉なので、希望額をそのまま受け入れるだけでなく、値下が額が厳しいと感じたら積極的に逆交渉するようにしましょう。

値下げ交渉前提で値付けをする

メルカリでは値下げ交渉は当然のように行われているので、予め値下げを想定した値付けにしておくことも一つの手段です。

例えば1000円で売りたい商品があったとすると、そのまま希望額の1000円で出品しても値下げ交渉で値下げすると確実に1000円は切ってしまいます。

この対策として、1000円で売りたい商品を1200円くらいで出品してみるのです。

あまり高くし過ぎると売れなくなってしまうので、「少しだけ高く」というのがポイントです。

この値段で出品すれば、そのまま売れればラッキーで、値下げ交渉されても200円までであれば値下げ可能ですよね。

キリの良い1000円まで値下げすれば、購入希望者も納得しやすく出品者側も元々の希望額なので、お互いに満足のいく取引きが可能となります。

条件付き値下げで対応する

値下げ交渉で相手の希望額までの値下げは厳しいというものでも、なかなか売れなかった商品だから何とか売ってしまいたいというときもあると思います。

そんなときに役立つのが、「条件付き値下げ」という方法です。

条件付き値下げにも様々なパターンが考えられますが、例えば次のような方法があります。

複数購入を条件に値下げ

同じ商品を複数持っている場合や、同じジャンルで関連性のある他の商品も出品している場合は、「それらも一緒に購入してもらえるなら」という条件で希望額まで値下げする方法です。

単体であれば厳しい価格でも、なかなか売れてくれない他の商品も売れてくれれば採算が取れることはよくあります。

また、同じ人に複数購入してもらうことによって、同梱して発送することができるので送料分を浮かすことができます。

かなり有効な方法なので、厳しい値下げ交渉のときには是非活用してみてください。

送料着払いを条件に値下げ

送料を着払いにして購入者に負担してもらうことを条件に、希望額まで値下げするという方法もあります。

この方法で得をするためには、予め送料を高めに設定しておく必要があります。

最初に設定していた送料と、実際の送料との差額で値引き分をカバーするという方法です。

送料着払いにするには配送方法が限られてしまうので、その点は注意が必要です。

断る勇気も大切

メルカリで出品していると、稀に非常識な購入者に出会うこともあります。

ありえないくらいの値引きを要求してきたり、その態度が非常に悪い人です。

そういった人は丁寧に断るようにしましょう。

まともな交渉ができる相手ではないので、無視をせずきっぱりと丁寧に断ることが大切です。

コメント欄は他の人も見ている場所なので、決して感情的にならず冷静かつ丁寧に対応するようにしましょう。

あまりにも悪質な場合は断った後にブロックをするのも一つの手段です。

まとめ

値下げ交渉が当然のメルカリでは、出品者側も対策をすることで損をしなくて済み、少しでも値下げに応じることで購入者も満足します。

そういった状況を意図的につくり出すことができれば、Win-Winの良好な関係を築くことができるでしょう。

ちょっとしたテクニックを駆使することでみんなが楽しく利用できるメルカリを、是非上手に使いこなしてみてください。