1万円で大家になれる!?話題の不動産投資型クラウドファンディングとは

クラウドファンディング

インターネットの普及を背景に、クラウドファンディングというやり方で資金を集める手法が国際的に注目されています。

これはあるコンセプトに共感する人をインターネットで募集して、資金の提供を呼びかけるものです。

寄付を募るものもありますし、ビジネスや投資のための資金を求めるものもあります。

特にアイデアがあるが資金がないというベンチャー企業が資金を得る有効な方法となっています。

そんな中で、不動産投資においてもこのクラウドファンディングという手法に熱い視線が注がれています。

ここでは不動産投資におけるクラウドファンディング方法の活用について考えてみます。



クラウドファンディングによる不動産投資とは

通常、投資には一定の資金が必要だったりしますが、比較的少額の資金でも可能な投資もたくさんあります。

しかし、一般的にアパートやマンションを購入する不動産の現物投資の場合、かなり大きな資金が必要だと言えます。

しかし、現金でそれを用意できない場合、クラウドファンディングにより資金提供を呼びかけるという方法があります。

これは出資額に応じて、利益の分配を受けることができるシステムです。

まだまだ数としてはそれほど多くはありませんが、今後、有望な不動産投資のスタイルとして注目されています。

一般的な不動産投資との違い

現在の不動産投資の基本スタイル

かつてバブル期と呼ばれていた時代の不動産投資は土地などを購入し、それを短期間のうちに売ることで、その売買差額を儲けるものが主流でした。

いわゆるキャピタルゲイン型の投資です。

それに対して、近年の不動産投資は賃貸物件を購入し、その物件から得らえる賃貸収入を主な収入源とするスタイルになっています。

つまり、インカムゲイン型の投資ということになります。

ですから、まずはアパートやマンション、あるいは戸建物件を含めて、賃貸収入が得られる賃貸物件を手に入れることが必要となります。

一般的な不動産投資

一般的な不動産投資の場合、こうした賃貸物件をどのようにして購入するのでしょうか。

もし、手持ちの預金など、現金で購入出来るのであればそれに越したことはないでしょう。

しかし、そんなことが出来るのはごく一部の富裕層だけです。

ほとんどの人は銀行などから融資を受けて不動産投資をするのが一般的です。

では、銀行からどれぐらいの金額が借り入れできるのかというと、これは借入希望者の属性、つまり、勤務先、勤続年数、収入、年齢、資産、借入歴、家族の状況…等々によって変わってきます。

ですから、いくら本人が希望しても借りられないケースも多々あります。

もし、5000万円の物件を手に入れたいと思っても、銀行が総合的に評価して、この人には最大3000万円しか貸せないと判断すれば借り入れはできないということになります。

その場合2000万の現金を用意する必要がありますし、借主がつかなければ5000万の投資回収がマイナスになることもあります。

クラウドファンディングを利用した投資

しかし、クラウドファンディングを使えば、少額の投資でも数を集めることで、大きな金額になります。

今まで不動産投資をやりたかったけど、資金が少なかったり、属性が低かったりして無理だと思っていた人でも、この方法を使えば不動産投資をすることが可能となります。

小さな力を結集させることで、大きな投資を行うことに特色があると言えます。

では、クラウドファンディングにはどういったメリット、あるいはデメリットがあるのでしょうか。

次にその点を見ていきます。

不動産クラウドファンディングのメリット

少額資金でOK

前述のように、この少額の資金でも不動産投資ができるのが不動産クラウドファンディングの最大の魅力と言えます。

既に賃貸物件のオーナーとして不動産投資を行っている人はもちろん、これから始めてみようという初心者まで、いろんな人が少額の資金で参入できます。

特に不動産投資初心者の場合、いきなり高額の物件を購入することに抵抗がある人も多いと思います。

そんな方は、まずはクラウドファンディングを使う少額の投資から始めてみるという方法がおすすめです。

実際に不動産投資に一歩踏み出すことで、いろいろな知識を得ることが出来ると思います。もちろん少額投資というのはリスクが小さくなるのは言うまでもありません。

高額物件への投資が出来る

個人で賃貸物件を購入する場合、自己資金や融資額の条件があるので、あまり高額の物件は購入できないケースが多いと言えます。

そうなると比較的低価格のアパートであったり、マンションの場合でも一部屋単位で購入する区分所有での投資が多くなります。それに対して、不動産クラウドファンディングだと、豊富な資金を使って大型マンションの一棟買いなどが可能です。自力ではできない投資スタイルが可能となるわけです。

空室リスクを減らせる

例えば、区分所有でマンションの一室を所有して不動産投資を行う場合、もし、その部屋が空室だったら利益はまったく出ません。

それどころかマンションの管理費や修繕積立で赤字となるはずです。

しかし、クラウドファンディングでお金を集めてマンションを一棟買いしたりすると、空室リスクが分散されるという効果が期待できます。

運用はプロに任せる

不動産クラウドファンディングの運用はプロが行うものに、資金を投資する形が一般的です。

不動産投資をやってみたいけど、あまり知識がないという方の場合、プロに任せられるというのは安心です。

投資は専門的知識を持つ人ほど有利なのが普通です。ですから、知識が無いことによる失敗のリスクを減らすことが可能です。

物件管理の手間がいらない

自ら賃貸物件を所有して不動産投資を行う場合、物件管理に関する諸々の作業が生じます。

例えば、家賃の回収や入居者からの苦情、問い合わせ、また、空室が出た場合には部屋の修繕やリフォームなどの作業があるかもしれません。

こうした作業を管理会社に任せるのも一つの方法ですが、指示をするなどの作業がどうしてもあるものです。

それに対して、不動産クラウドファンディングはそうした点も任せるわけですから、貴重な時間を取られることもありません。

クラウドファンディングのデメリット

元金が保証されていない

クラウドファンディングは投資の一種ですから、銀行預金などとは違い元本の保証はありませんし、決まった利子が付くわけでもありません。

今までは銀行預金しかしたことが無く、投資は初めてという方は、こうした点を理解しておきましょう。

アクティブな投資派には向かない

クラウドファンディングは何でも自ら判断して投資をしたいというアクティブ派には不向きです。

リスクを覚悟して自分の判断ですべて行っていきたい人は自ら物件を購入するほうが良いでしょう。

クラウドファンディング事業者のリスク

不動産クラウドファンディングの場合、運用はクラウドファンディングの業者に任せる形となります。

しかし、そうした業者が倒産したり業務停止になってしまっては出資資金のリスクがたかまります。

信頼できる業者を使うためには、その見極めが重要となりますがクラウドファンディングという新しいモデルの投資のため保険や不動産のように豊富な実績や信頼できる基盤が出来ていない場合が多いです。

  • 社長の経歴
  • 株主構成
  • サイトの情報(正確な情報を定期的に更新しているか)

などをしっかりと実績を確認して、信頼できる業者に依頼するようにしましょう。

他の投資商品との比較

不動産投資はミドルリスクミドルリターン

投資には株やFX、金など、様々なタイプのものがあります。

不動産投資もそうしたものの一つと言えます。

では、不動産投資は他の投資商品と比べるとどのような特徴があるのでしょうか?

投資をする人はできればローリスクでハイリターンの商品を求めたいと思うでしょうが、基本的にはそうしたものはあり得ません。

リスクが低ければリターンも低くなりますし、逆にリスクが高いほどリターンも高くなるものです。

一般的には株やFXはハイリスクハイリターン商品の代表です。

それに対して、不動産投資はミドルリスクミドルリターンとされています。

株は倒産により紙くずになる可能性もありますが、不動産は価値の上下はあっても、価値がゼロになることはあり得ないでしょう。

不動産投資の3つの型

不動産投資には

  1. 実際に物件を購入するタイプ
  2. クラウドファンディング型の不動産投資タイプ
  3. 投資信託であるREITタイプ

このうち一番目の購入するタイプはオーナーとして物件を所有できますが、高額の投資資金が必要でありリスクも伴います。

それに対して、三番目は投資信託の購入という形になるので、物件を所有することはできませんが、低額の予算で不動産投資がを出来ます。

一方、不動産クラウドファンディング型は両者の良い点、すなわち皆と共に物件を所有できるということと、低額の予算で出来るという点を兼ね備えた方法と言えます。

両者の良いとこを折衷したタイプの新しい投資スタイルですから、特に投資初心者にはふさわしい方法だと言えるでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ロバート 前田

人材派遣を学生時代から始めたのをキッカケに、人生相談を12年で1万人以上の人たちから受けています。 現在、 お金を守る、 お金を殖やす、 お金を稼ぐを テーマにLTV(生涯支出) とどこまで向き合えるのか?! をテーマに日々精進しています。