主婦でもOK!写真でできる副業を5つご紹介します!

79a8cc70458942ed7e9b466d4e4d7b41_s

かわいいものやきれいなものを写真に撮るのが大好き!という主婦の方に朗報です。
インターネットが発達した今では、「写真が好き」というだけで副業を始められる可能性があります。

「写真は趣味だけれど、プロカメラマンではないし…」と思うかもしれません。
しかしご安心ください、プロでなくてよいのです。
むしろ、プロのハイクオリティで高コストな写真よりも、アマチュアの方の素朴でほっこりできる写真の方が使い勝手のよいことがあります。
ブログに使える無料写真素材なんて、まさにそのパターンですよね。

そこで今回の記事では、写真を使って稼げる副業を5種類もご紹介します。
うまくいけば、月10万円以上の収入も狙えるかも…?とにかく写真好きの方は必見です!

「写真素材サイト」で写真を売る

f621388952ef0a2a284de4d920bbbbb3_s

ネットで検索してよく出てくるのは、「フォトストックサイト」と呼ばれる写真素材サイトで写真を売る方法です。
有名なフォトストックサイトには、PIXTA、fotolia、フォトライブラリー、iStockphotoなどが挙げられます。

こうしたサイトにカメラマンとして登録しておけば、撮った写真をサイトに対して販売することができます。売上に対して20~50%程度の金額が手取りの収入です。

前提としては、デジタルカメラとパソコンは揃えましょう。デジタルカメラで写真を撮影し、パソコンに取り込み、その画像データをフォトストックサイトに登録します。

もちろん、登録したからと言ってすぐに売れるわけではありません。結構審査が厳しく、性能の低いデジタルカメラで適当に撮った写真は全く買い取ってもらえないと考えてよいでしょう。
写真を売るためには、性能のよいデジタルカメラ、写真の技術、「売れる写真はどういったものか」をリサーチし考えられることなどが条件となります。

それでも、軌道に乗れば月に数万~数十万の収入を得る道も見えてきますよ。

デジタル写真集を販売する

79a8cc70458942ed7e9b466d4e4d7b41_s

一枚ずつ写真を販売するのではなく、写真集としてまとめた方が売れやすいかもしれません。
最近では電子書籍を作成・販売できるサイトが増えてきていますので、こうしたサイトで写真集を電子書籍にします。

例えばブクログのパブーでは、売上の70%が手元に入ります。フォトストックサイトよりも報酬率が高めですよね。
写真をたくさん撮る手間はかかりますが、旅行に出かけた際などにきれいな写真をまとめて撮影するのがよいでしょう。

写真ブログで広告料をもらう

3fead2fdfef77273a1a75fe6c336f477_s

ブログに写真を活用し、アクセス数を集めて広告料をもらう手もあります。
よく子育てやダイエット、料理などの画像を載せて人気となっているブログがありますが、こうした人気ブログに広告を貼ることで、そのクリック数や売上に応じた広告料が入ってきます。

広告は「Google AdSense」「A8.net」などといったプロバイダーから自分で探して貼り付けたり、超人気ブログの場合は直接広告依頼の連絡が来たりすることも。
広告依頼以外でも、写真撮影や写真販売の直接依頼をもらえることがあります。

アクセス数を集めるためにウケのいい記事や写真の内容を考える手間はありますが、写真のインパクトを生かせる分野ですね。

写真素材提供サイトを運営する

e34c58b24832080e96fa78ea7add11a2_s

フォトストックサイトのように写真を有料で取り扱うサイトだけではなく、無料で写真をダウンロードできる素材サイトもありますよね。

ブログをやっている方だと、ぱくたそや写真ACの名前をご存じかもしれません。
こうしたサイトのような無料写真素材サイトを作り、ブログと同様広告を貼り付けて広告収入を得る手もあります。

無料で写真を使える素材サイトは数がまだまだ少なく、どのブログでも上記の2つのサイトを利用している「需要過多」の状況です。
ニーズに合った写真素材を提供できるサイトを一個作れば、場合によっては一気に人気が広まる可能性を秘めた副業ですね。

もちろん、サイトを作ったところで名を知られないと意味がありませんので、SNSや人脈を使って露出していく必要があります。ある程度営業力や宣伝力が求められますよ。

すき間時間で撮影代行

d68285d34798b8105a6f37145850d588_s

撮影スキルに自信がある場合は、撮影代行サービスを請け負っても面白いでしょう。
自分でインターネットショップを開いて直接請け負ってもよいですし、「クラウドワークス」「ランサーズ」などのクラウドソーシングサイトで発注を受ける手もあります。

どちらにしろ、それなりのスキルと撮影機材は必要となります。
ただし、求められる基準が高く、時間がかかる割にはあまり稼ぐことは難しいかもしれません。
始めるのであれば、まずは友人や知人から注文を受けられるように宣伝してみるのがよいでしょう。最初はあまりコストをかけずに仕事する仕組みを作りましょう。

あなたの写真がお金になる!写真で稼ぎと自信を手に入れよう!

006e3d1e62d72021c1b6848a6329ec9d_s

プロのカメラマンでなくても、工夫一つで写真をお金に換えることができる時代になりました。
主婦でも、写真からパートや正社員と同じくらいの収入を得ることは不可能ではありません。

仕事を辞めてずっと家にいるとどこか憂鬱なのは、「稼いでいない」という引け目、不安があるからです。在宅でできる写真の副業を始めて、自分の力で稼ぐ楽しさと自信を再発見しましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

ロバート 前田

人材派遣を学生時代から始めたのをキッカケに、人生相談を12年で1万人以上の人たちから受けています。 現在、 お金を守る、 お金を殖やす、 お金を稼ぐを テーマにLTV(生涯支出) とどこまで向き合えるのか?! をテーマに日々精進しています。