メルカリ・ヤフオクに頼らない仕入れた商品を個人ECサイトで販売する方法

myecsite

個人で転売をする人の多くはメルカリやヤフオクといった既存サービスを利用して販売することがほとんどですが、長期的に考えると自前の販売サイト(個人ECサイト)を所有することをおすすめします。

しかし個人のECサイト作成を専門業者に依頼すると数十万円の費用が必要となり、自分で作るといっても専門スキルがないと作れないと思って足踏みしてしまう人が多いのも事実です。

そこで今回は、大きな費用も必要なく専門的なスキルがなくても自作できる通販サイトの作り方をご紹介します。

自作サイトをおすすめする理由

なぜメルカリやヤフオクではなく自作サイトでの販売をおすすめするのかというと、そういったサービスがいつまでも人気で集客力があるという保証はないからです。

当面の間は現在の人気が続くと予想されますが、突然何かの不祥事などでサービスが終了するという可能性もゼロではありません。

そうなってからの対応では遅いので、今のうちから自前のサイトも作っておけば、何かあったときのダメージを最小限に抑えることができます。

また、メルカリやヤフオクは販売手数料を引かれてしまうので、たくさん売れば売るほど手数料分を損してしまうという考え方もできます。

もちろんそれがわかっていても余りある集客力が魅力ではありますが、自前のサイトでも時間を掛けて集客力を付けていけば同等の売上げを出すことは不可能ではありません。

同等の売上げまで成長すれば、手数料が引かれず細かい規約も気にしなくてすむ自前のサイトを運営することに大きな意味が生まれてくるでしょう。

自作サイトを作れるサービス

では通販サイトはどのようにして自作すれば良いのでしょうか。

Web制作のスキルを持っていれば簡単な仕組みはすぐに作れるものですが、専門スキルがない人にとって通販サイトを作るのは非常にハードルが高く感じるものです。

そこでおすすめしたいのが、WordPressを使用する方法とBASEを使用する方法です。

WordPress+Welcart

WordPressは専門スキルがなくても本格的なWebサイトを作成することができる世界最大のCMSです。

このWordPressにWelcartというプラグインをインストールすることによって、比較的簡単にショッピングカート機能などが付いた通販サイトを作成できるようになります。

細かいレイアウトなどのデザインは調整しなければなりませんが、ネット上に多くのカスタマイズ情報があるのでほとんどのことは検索すれば解決できるでしょう。

クレジットカード決済にも対応し、ネットショップで必要な機能は一通り揃っています。

カード決済の手数料分などを販売価格に上乗せできるのも自前サイトの便利なところです。

同じサイト内にライバルとなる同業他社がいないので価格を比較されにくく、ある程度自由な価格設定が可能となるのです。

BASE

WordPressでのサイト作成が難しく感じる人には、さらに簡単にショッピングサイトを作成できる「BASE」というサービスがおすすめです。

感覚的にショッピングサイトを作成でき、必要な機能は最初から準備されているので非常に簡単にサイトを開設できます。

それにも関わらず登録料や月額料金は無料なので、誰でもすぐに始められるサービスとなっています。

商品が売れたときに販売手数料が必要となるのはメルカリなどと同じですが、手数料は比較的良心的で予め手数料のことも考慮した価格設定も可能なので、ライバルが多く価格競争になる既存サービスとは違った戦略が組めるのも魅力です。

サイト構成の自由度を求めるのであればWordPressでの作成がおすすめですが、そこまでこだわりがなく手っ取り早く通販サイトを作りたい場合にはBASEは非常におすすめです。

併用がベスト

自前の通販サイトを作成しても、最初はなかなかアクセスを集めてくることができず、売上げは伸び悩むものです。

そこでうまく利用したいのがメルカリやヤフオクといった既存サービスです。

これらのサービスの集客力は抜群なので、まずはそこで実績を作り知名度を上げ、リピーターを徐々に自前のサイトに引っ張ってくるようにしましょう。

既存サービスを集客の入り口とし、最終的には自前サイトに誘導することで楽に集客することができます。

もちろんそこに頼り切りにするのではなく、SEO対策や目玉商品でプレスリリースを打つなど、王道の手法で自前サイトに直接アクセスが来るような対策を常に続けることも重要です。

将来的には自前サイトのみでも十分な売上げが成り立つように成長させることが目的なので、まずは既存サービスとの併用から始め、徐々に比重を移していくことをおすすめします。

まとめ

メルカリやヤフオクは非常に便利なサービスで、転売を始めたばかりの人でも商品を売りやすい環境であることは間違いありません。

しかしいつまでもそこに頼りきりでは常にリスクがつきまとうのも事実です。

運営側の勝手な都合で手数料設定や規約がコロコロと変わることも珍しくないので、長く続けるビジネスとして捉えるのであれば、自前のサイトを運営することをおすすめします。

今回ご紹介したようなサービスを利用すれば専門スキルがなくても自作サイトを作ることができるので、販路を広げたいと感じ始めたときには是非チャレンジしてみてください。