プロフィールに力を入れて信頼できる出品者になろう

プロフィール

メルカリで稼ぎたいなら、プロフィールにも力を入れて作り込むことが大切です。

プロフィールは軽視しがちな人が多いですが、実際は売れ行きに大きな影響を与える重要な項目なのです。

そんなプロフィール欄を充実させ、信頼できる出品者になる方法を解説します!

プロフィールの重要性

メルカリのプロフィール欄は、出品者にとっては非常に重要なポイントです。

お金を払う購入者は出品者がどういった人なのかをしっかりと見ています。

怪しさを感じる人からは買いたくないと思うのは当然なので、出品者の誠実さが伝わってくるようなプロフィール欄を書いていると、購入者も安心して購入することができます。

なるべく詳しく、わかりやすいプロフィールを作り上げていきましょう。

ニックネームでもアピール

ウェブサービスのニックネームは適当に決めてしまう人も多いと思いますが、実はニックネームも重要なアピールポイントのひとつなのです。

ニックネーム自体は好きな名前にして良いのですが、ニックネーム欄は最大で20文字まで入力できるので、余った文字数分を有効に使うのです。

ニックネームは見てもらいやすい場所なので、名前の後ろに「セール中」や「○○専門」などアピールしたい言葉を入れることで効率良く宣伝できます。

多くの人は名前だけ入れて終わりにしてしまいがちですが、それは非常にもったいないことだといえます。

使えるスペースは最大限有効に使ってアピールしていきましょう。

自己紹介文で安心させる

自己紹介文は一番のアピールポイントとなります。
どういった商品をメインに出品しているのか、見た人を安心させる内容の文章を書いていきましょう。

例えば不用品の服をメインに売る場合、自身の身長やスリーサイズなどを記載しておくと、どんな体型の人が着ていた服なのかをイメージしやすいため、購入されやすくなります。

服は特にサイズの影響が大きいため、サイズ感が伝わりやすくしてあげると購入を迷っている人の背中を押してあげることに繋がります。

他にも、昼間は働いている人などはコメントなどの対応が可能な時間帯を明記しておくこともおすすめです。

あらかじめ連絡できない時間が伝わっていれば、その時間帯にコメントの返信ができなくても購入者を不安にさせなくて済みます。

購入者は反応がないことに不安を感じるので、そういった不安要素は少しでも消していくようにしましょう。

また、お店のルールなどもあればこの自己紹介欄に明記しておくことをおすすめします。

こういった人は購入NGといった内容をあらかじめ明記しておくことで、無用なトラブルを避けることにも繋がります。

購入前に知っておいてもらいたいことなどは遠慮なく書いておくことで、お互いのためになることでしょう。

ただし、自分がメルカリ初心者だったとしても、あまり初心者だということは強調しない方が無難です。

初心者だから操作がまだよくわからないということを堂々と書いている人もいますが、不安を煽ることになりかねないので、なるべく書かないことをおすすめします。

画像にも手を抜かない

プロフィールには画像も設定できるようになっていますが、この画像にも手を抜かないようにしましょう。

スマホの中に保存されている画像から適当に選ぶのではなく、自分がメインで出品している商品をイメージさせるような画像が好ましいといえます。

アパレル系であれば服の画像、アクセサリー類であれば指輪やネックレスなどの画像が良いでしょう。

実際に出品している物とイメージがかけ離れ過ぎている画像はあまりおすすめできません。

自身で撮影した画像で綺麗に撮れたものがあればそれでもいいですが、無料画像サイトなどにもお洒落で綺麗な画像がたくさんあるので、ダウンロードしてみることもおすすめです。

上級者を参考にする

どんなプロフィールにすることが良いか一番わかりやすいのは、実際にメルカリ販売で活躍している上級者を参考にすることがわかりやすいと思います。

経験豊富な上級者たちがどんなプロフィールを作っているのかをよく観察して研究してみましょう。

きっと共通点も多いと思いますがどこかで自分らしい個性も発揮しているはずです。

取引数の多い出品者を見つけたらチェックする癖をつけ、「この人からなら買っても安心そうだな」と購入者に思わせるプロフィールとはどのようなものなのかを常にイメージするようにしましょう。

ポイントは購入者目線で考えることです。
自分が購入者側だったら、どういった情報が書いてあると嬉しいかをよく考えてみると、自ずと答えは出るはずです。

上級者たちはそういったことを徹底的に考え抜いてプロフィールを作り込んでいます。
まずは半分真似するような気持ちで研究してみましょう。

まとめ

メルカリのプリフィール欄は、購入者の不安要素をひとつでも減らし、購入へのハードルを少しでも下げてあげる場所だといえます。

自分が何者でどういった商品を扱っていて、どんなルールで取引しているのかをしっかりと伝えましょう。

誠実さが伝わるようなプロフィールを作ることができれば、きっと売上げにも好影響が出て来ることでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ロバート 前田

人材派遣を学生時代から始めたのをキッカケに、人生相談を12年で1万人以上の人たちから受けています。 現在、 お金を守る、 お金を殖やす、 お金を稼ぐを テーマにLTV(生涯支出) とどこまで向き合えるのか?! をテーマに日々精進しています。