初心者でも出来る古着せどりのはじめ方!売れやすい商品の特徴とは?

furugi

せどりのジャンルには中古アパレルを扱う「古着せどり」というものがあります。

古着屋さんや総合リサイクルショップなどから古着を仕入れ、メルカリやヤフオクなどで販売する手法です。

この古着せどりの難しいところは、経験と目利き力を必要とするところです。

その他のジャンルと違い相場の明確な指標がない場合が多く、商品の種類も膨大なことから初心者には効率の良い仕入れが難しいジャンルでもあります。

なのでせどりの中でも参入障壁が高く上手く収益化出来ればライバルの少ないジャンルです。

そんな難易度の高い古着せどりに「初心者が飛び込んで痛い目を見るだけなのではないか」そう思う人が多いと思います。

しかし、そんな中でもわかりやすい仕入れ基準がいくつか存在するので、今回は初心者向けに古着せどりで売れやすい商品のジャンルをご紹介していきます。

キャラクター商品

古着せどりでまず鉄板なのが、キャラクター商品です。

キャラクターがプリントされているTシャツなどが売られているのをよく見かけることがあると思いますが、そういった商品は安定した人気があります。

しかしキャラクターであれば何でもいいかというとそうでもなく、誰もが知っているような人気キャラクターであることが条件です。

子供服などでは特にこのキャラクター商品というのは根強い人気があり、少し高値で出品してもすぐに売れてしまうことも珍しくありません。

ディズニー関連のキャラクターや、話題になっている人気アニメのキャラクターなどは鉄板商品なので、安値で見つけたら即買いレベルの商品となります。

人気キャラクターであれば誰でも知っているので、特別な知識など目利き力も必要なく仕入れることができるので、入門編としてもとてもおすすめです。

ブランド商品

ブランド商品も鉄板の仕入れ対象となります。

やはりどんなジャンルでも人気ブランドの商品は人気があり、相場も下がりにくいものです。

そのため古着として販売されている価格も高くなりがちですが、田舎の小さな古着屋さんなどでは格安で掘り出せる場合があるのでよく調べてみましょう。

アパレル業界に特化した人気ブランドはもちろん、スポーツメーカーの服なども人気があるので状態が良ければ仕入れてみることをおすすめします。

有名人関連の商品

芸能人などの有名人がデザインを手掛けているような服も人気のある商品です。

ファンの人であれば誰でも知っているような価値のある商品でも、ファン以外の人からすると価値のわからない商品なってしまうため、買取りの査定員に知識がない場合は破格で売られている場合もあります。

加えてお客さんもファンでなければ価値がわからないので、破格で売られていても売れ残っているケースも珍しくありません。

こういった商品はネットオークションなどで出品されると、常にチェックしているファンがいるのですぐに売れてしまうのですが、ローカルな古着屋さんには長期間眠っている場合があります。

このような商品は知識がなければ見つけることが難しいので初心者の仕入れにも向いていませんが、日々ネット上で様々な商品を見ていると自然と目が養われてきます。

ネットオークションはマメにチェックし、プレミア価格になっているような服はなぜ高値が付いているのかをその都度調べてみる癖を付けると良いでしょう。

デザインが特徴的であったり共通点があったりするので、意外と覚えやすいものです。

そういった隠れたレア商品を一つずつ覚えて行くことで仕入れの幅は大きく広がります。

まずは自分の興味のある芸能人や、有名なアイドルなどから探してみることがハードルが低くておすすめです。

コラボ商品

有名ブランド同士のコラボ商品にも注目です。

アパレルブランド同士でコラボしている場合もあれば、まったくアパレルとは関係のない異業種の企業がアパレルブランドとコラボ商品を出している場合もあります。

どちらにしてもこういった類の商品は生産数が少なめなので、価値が下がりにくくおすすめです。

どんな業界にも特定のブランドを贔屓にしている人は存在するので、そういった人はそのブランドが関係するものをすべてコレクションしたい願望があるため有名ブランドであればあるほど高い需要が見込めます。

業界の種類というよりも、ブランドの知名度で判断すると良いでしょう。

限定商品

期間限定や通販限定などで販売されていた商品も希少価値が高くておすすめです。

限定商品をネット検索してみるとたくさん見つかるので、まずは好きなブランドなどから絞って検索してみると良いでしょう。

他にもネットオークションのファッションカテゴリーで「限定商品」などと検索してみると、限定商品が出品されていることも多いので勉強になります。

そういった商品の多くには、デザインの中に発売された年が西暦で入っているものが多いので、比較的覚えやすいデザインが多くなっています。

限定商品というくらいなので特徴なデザインのものが多いので、意外と商品を覚えることは難しくないでしょう。

まとめ

古着には膨大な種類が存在し、仕入れに行く度に初めて見るような商品ばかりなのが他のジャンルとの大きな違いです。

Tシャツなどであれば比較的仕入れ価格も抑えられるので、まずはそういった分野から攻めてみましょう。

ある程度慣れてくると勘が働くようになり、それが目利き力にも繋がってくるので古着せどりは特に経験が財産となります。

これから古着せどりにチャレンジする人は、まずはわかりやすいキャラクターやブランドものから仕入れてみることをおすすめします。