利益を安定させるために重要な古本せどりの薄利多売

古本

せどりの王道といえる古本せどりですが、その弱点は薄利多売になりがちなところだといえます。

もともとの定価が安い分、プレミア本でもなければ1冊売って数百円という利益になることがほとんどです。

そんな古本せどりですが、利益の安定化という視点で考えると意外と重要な役割を担っていたのです。

古本せどりは薄利多売が基本

古本せどりはその性質上薄利多売が基本路線となります。

1冊数百円、下手すると数十円というリイサな利益をコツコツと積み上げていくスタイルです。

専門書などで単価の高い商品は千円以上の利益が得られるものもありますが、そういった商品ばかりを仕入れることは難しいのが現実です。

100~500円くらいで仕入れ、500~1,000円前後くらいで捌いていくものがメインとなります。

このような理由から、古本せどりはとにかく数を捌かなければまとまった利益にはならないのです。

仕入れ単価が低い分ロングテールも狙える

古本せどりのメリットは何と言っても仕入れ単価の低さです。

1冊100円程度から仕入れられるのはやはり魅力的です。

特にせどりを始めたばかりの人は仕入れ資金がそれほど潤沢ではないので、低価格で仕入れられる古本はすごく助かります。

古本せどりだけで大きな利益を出すにはかなりの労力が必要ですが、次のステップへ進むための資金作りには向いています。

仕入れ単価が低い分、ロングテール商品を狙いやすいのも古本の魅力です。

不良在庫はコストがかかるので古本仕入れでも基本は回転率重視にはなりますが、それでも100円仕入れで1,000円以上の利益が期待できるような商品であれば、在庫としてしばらく寝かしておいてもリスクは小さいはずです。

回転率重視の在庫の中にこういったロングテールで単価の高い商品も混ぜていくことで、利益の底上げにつながります。

長期在庫のリスクを負えるのも、仕入れ単価の低い古本せどりならではのメリットだといえるでしょう。

高単価商品は回転重視

仕入れ単価が低いことが古本せどりの魅力ですが、続けていると高単価の仕入れをする機会も出てきます。

仕入れが高単価になればなるほど、利幅も大きなものを狙うことになりますが、気をつけなければならないのは回転率です。

当然ですが仕入額の高いものほどリスクが大きくなるので、なるべく早く確実に捌けるものを狙います。

仕入額の高いものでロングテールを狙ってしまうと、仕入れ金額が利益を圧迫してしまいキャッシュが回らなくなるので注意が必要です。

また、高単価仕入れなのにも関わらず利益が小さな商品を仕入れてしまうのも危険です。

出品すれば一瞬で売れることが確実な定番の超高回転商品であれば問題ありませんが、そういった商品以外では仕入額が大きくなればなるほど利幅の大きな商品を狙う必要があります。

相場の変動は激しいので、仕入れた段階で薄利だとあっという間に赤字になってしまう恐れもあります。

低単価仕入れであれば赤字になったときのダメージも少なくて済みますが、高単価で仕入れて赤字になるとダメージも大きくなるので、仕入れ基準には余裕を持って慎重に仕入れるべきです。

仕入れ単価に関係なく基本は回転重視の仕入れを行い、単価が高いものは確実に回転重視で、低いものでロングテールを狙うことをおすすめします。

数が安定を生む

古本せどりは利益単価が低いのでとにかく数を売る必要性があります。

大量に仕入れて大量に売るという薄利多売ですが、在庫数が安定してくると売上も安定してきます。

単価は低くても毎日数十冊売れていけば、1日で1万円程度の利益を出していくことはそれほど難しいことではありません。

ロングテール狙いで潜ませていた高単価商品もちょこちょこと売れていくので、在庫が増えてくればせどりの楽しさを味わえることでしょう。

売れていく数は在庫数に比例するので、在庫を多く抱えることで安定した利益を生み出せます。

古本以外の高単価商品を扱っている場合でも、こういった安定して売れてくれる在庫がベースとしてあると安心できます。

古本せどりからステップアップで高単価ジャンルへ挑戦するときでも、大量の古本在庫が安定をもたらしてくれるので危険な仕入れに手を出さなくて済むでしょう。

薄利多売だけを永遠に続けることは疲れますが、完全に捨ててしまうことももったいないと思います。

利幅の大きな高単価仕入れと、薄利の低単価仕入れの絶妙なバランスが利益を安定させてくれることでしょう。

まとめ

「古本せどり=薄利多売」というのは事実であり、それを嫌い古本を避ける人もいますが、古本せどりは「せどりの基本」を学ぶにも最適で、小さなリスクで始められるので初心者にはおすすめのジャンルです。

薄利多売と聞くとあまり良くないイメージを抱く人も多いかもしれませんが、実は利益を安定させるための重要な役割を担っています。

利幅の大きな商品ばかりを狙って安定した利益を得られていない人は、初心に帰って古本せどりに挑戦してみてはいかがでしょうか。