メルカリで売れやすい商品名の付け方と説明文の書き方とは?

namaeoboete

メルカリで商品を出品するときには商品名や説明文を書くことになりますが、この部分の書き方次第で売れやすさが大きく変わってきます。

特に商品タイトルの付け方は重要で、ここを間違えるとまず出品ページを見てもらうことすら難しくなるものです。

そこで、商品タイトルや説明文はどのようなことに気をつけて書けばいいのか、そのコツをご紹介します。

タイトルは正確かつキーワードを盛り込む

商品タイトルには正確な情報と出来る限り多くのキーワードを盛り込むことが大切です。

購入者がまず最初に見る部分なので、お店への入り口として興味を惹かれるタイトルを考えられるかがポイントとなるでしょう。

具体的には次のようなことを意識してタイトルを考えます。

ブランド名・商品名は正確に

タイトルにはブランド名や商品名を必ず記載するようにします。

このとき誤字のないように正確に記載することも大切です。

初歩的なことではありますが、ブランド名が英語の場合などはよくスペルを間違う人がいるので注意が必要です。

そして英語表記の場合はできればカタカナでも書いてあげるとより親切で検索にも引っかかりやすくなります。

商品タイトルは40文字という文字数制限があるので難しい場合もありますが、ブランド名や商品名は何よりも優先して書くようにしましょう。

限定感をアピールする

商品タイトルを書くコツとして、限定感をアピールするという方法があります。

その商品が何かの限定品なのであれば必ずタイトルにもその旨を記載しましょう。

限定商品でなくても、「タイムセール!」や「週末限定価格」、「先着○個」などといった文言を入れると一気に限定感が出て購入への意欲が高まります。

ただしここで注意したいのは、「嘘は書かない」ということです。

期間限定のセールにするのであれば、少しでもその期間は価格差を付けるようにしましょう。

嘘はクレームや低評価の元なので注意が必要です。

文字数制限は目一杯使おう

商品タイトルの40文字という文字数制限はできる限り目一杯使うようにしましょう。

言い回しを変えるなど工夫して、なるべく多くのキーワードをタイトルに入れるようにするのです。

最優先はブランド名や商品名ですが、余った文字数をどれだけうまく使えるかがライバルと差をつけられるポイントでもあります。

文字数を多く余らせるくらいなら、色やサイズなど何でもいいので書くべきです。

検索されそうなキーワードを盛り込む

タイトルには検索されそうなキーワードを想像して多く盛り込むようにします。

検索で商品を探すユーザーは多いので、自分が購入者側だったらどういったキーワードで検索するかを想像してタイトルに盛り込んでいきます。

同じ商品を出品しているライバルがいれば、その出品者がどういったタイトルを付けているかを参考にするのも良いでしょう。

ただし単純に真似をするのではなく、逆に誰も使っていないようなキーワードを盛り込むなどして違いをつくることも大切なことです。

説明文は見やすく詳細に

商品説明文は商品の情報をなるべく詳しく記載していきます。

しかしただ詳しく書けばいいというわけではなく、見やすさも求められます。

次のようなポイントに注意しながら商品説明文を書いていきましょう。

堅くなりすぎない文章で書く

メルカリではあまりかしこまった文章よりも、多少くだけたフレンドリーな文章の方が好意を持たれやすい傾向にあります。

それは値下げ交渉も普通に行われている「フリマアプリ」という性質にあるのだと思いますが、企業とは違い個人間取引の場合は親しみやすさを前面に出すことも有効な戦略となります。

キズや汚れも隠さず書く

商品にキズや汚れなどがある場合は、きちんとその旨を説明文で書いておきましょう。

中古商品の場合は購入者は商品の状態を気にするので、正直に書いておけば安心感を与えられます。

写真でもその部分を撮影して掲載しておきます。

こういったマイナス面を隠して売れたとしても、クレームや低評価の元なので正直に書いておくことがおすすめです。

記号や改行をうまく使用して見やすい文章に

商品説明文は詳しく書くことが大切ではありますが、だからといってただ長々と書けばいいというものでもありません。

見やすい文章でなければ読んでもらえず、購入もしてもらいにくくなります。

記号で見出しをつくったり、改行を程度に入れてスッキリと読みやすい文章をつくりあげましょう。

パッと見た瞬間にごちゃっとしていると、一瞬で画面を閉じられてしまいます。

まとめ

商品タイトルと説明文は甘くみて適当に書いていると多くの販売機会を逃すことにつながります。

それは非常にもったいないことなので、出品した商品をなるべく早く、高く売るにはタイトルや説明文に手を抜かず、こだわって書くことをおすすめします。

特にタイトルはよく考えてつくり、詳しい説明文を読みたくなるような正確で興味深いタイトルをつけるようにしましょう。