梱包力で差をつけてリピーターをゲットしよう!

konpo-

メルカリで出品した商品が売れたら、次は梱包して発送という作業になります。

この作業はつい流れ作業のようにやってしまいがちですが、リピーターを多く獲得している出品者は梱包作業でも手を抜かず、一手間かけて工夫しているものです。

具体的にどんな梱包をしてリーピーターを獲得しているのか、その方法に迫ります!

梱包で用意したいアイテム

梱包と一言で言っても、様々なアイテムを用意しなければなりません。

必須といえるものから、あれば便利といったものまで様々ですが、まずは丁寧な梱包をするために必要なアイテムをご紹介します。

箱・封筒

商品を発送するためには箱か封筒に入れる必要があるため、こちらは必須のアイテムとなります。

これがないと送ることができないので、ある程度のストック数を常備しておく必要があります。

最初は近くのスーパーなどから無料でもらってきたダンボールでも問題ありませんが、サイズがまばらで安定して欲しいサイズのものが手に入らないことと、汚れてしまっているものが多いことが問題です。

ある程度安定して売れるようになってきたら、ダンボールも購入することをおすすめします。

ネットで探せば多くのサイズが比較的安く売られているので、よく使うサイズの箱や封筒を探してみましょう。

ダンボールはホームセンターで買うと高く付くのでネット通販がおすすすめです。

OPP袋

商品を直接箱や封筒に入れるのではなく、透明なOPP袋に入れてから箱などに入れるようにすると、商品がきれいに見えることや発送中の防水にもなるメリットがあります。

必須ではありませんが、なるべく用意しておきたいアイテムです。

プチプチ・緩衝材

商品にもよりますが、電子機器など衝撃を避けたい商品の場合はプチプチなどの緩衝材を使用することが必須となります。

出品時には壊れていなかったのに、発送中に壊れてクレームになることは避けたいものです。

壊れ物でなくでも、箱に入れて送る場合は隙間ができてしまうので、箱の中で暴れないようにその隙間を埋めるクラフト紙などがあると便利です。

緩衝材は自分がネット通販などを利用したときに入っていたものを再利用できるので、捨てないで取っておくと出費を最小限に抑えることができます。

テープ

箱や封筒に封をするためのテープ類も必須アイテムです。

ガムテープからセロハンテープまで、用途によって使い分けられるようにいくつかの種類を用意しておくと便利でしょう。

ガムテープは紙タイプのものより布タイプの方が粘着力が強くておすすめです。

多少値段は高くなりますが、機能面だけでなく見栄えも違ってくるので必要経費と考えるべきでしょう。

メジャー・量り

発送の際に梱包物のサイズや重さを量るのに必要となります。

サイズや重さによって配送料金が変わるので、あると便利なアイテムです。

宛名シール

宛名シールがあれば、面倒な宛名書きをパソコンで入力でき、プリントアウトしてシールで貼るだけなので簡単です。

発送件数が多くなってきたときに導入すると作業の効率化になるでしょう。

値札はがし

仕入れた商品の値段を知られたくない場合は値札を剥がす必要があります。

しかし、年季が入ったシールはきれいに剥がせないことも多く、無駄に手間取ってしまうことはありがちです。

そんなときは液状の値札はがしを使用すれば簡単に剥がすことができるのでおすすめです。

樹脂製のヘラも用意しておけば、より剥がしやすくなるでしょう。

一手間かけて違いをつくる工夫

必要なアイテムを準備したら、一手間かける梱包術をマスターしましょう。

ちょっとしたことですが、他と少し違うことをするだけでも購入者に好印象を持ってもらいやすくなります。

袋や緩衝材をおしゃれに

梱包する袋や緩衝材を少しおしゃれなものにしてあげる方法です。

プチプチひとつにしても、透明なものが一般的ですが色の付いたカラフルなものも販売されています。

さらに気胞部分の形が丸ではなくハート型のものなども存在するので、そういった他とは少し違うアイテムを使うと喜ばれます。

購入者が女性の場合などには特に有効なテクニックです。

サンキューカードを同封する

梱包の中に商品と一緒にサンキューカードを同封すると、受け取った人は好意を抱きます。

長々とした文章ではなく、ほんの一言感謝の気持ちを伝える文章でいいのです。

大規模でやっているのであればパソコンで大量に印刷するのもいいですが、個人レベルであればなるべく手書きで書くことで効果が高まります。

その際に購入者の名前も書くとさらに効果大です。

「名前+手書き」にすることで、「自分のために時間を割いて書いてくれた」という特別な感情を持ってもらい、リピートにつながりやすくなります。

季節感のあるラッピング

クリスマスやハロウィンなど、その季節特有のイベントがあるときは、イベントに合わせたラッピングにすると喜ばれます。

雑貨屋さんなどに頻繁に足を運んでいれば、その季節特有のラッピング材を販売していたり、店舗のラッピングに使用していたりするのでチェックしてみると良いでしょう。

マスキングテープでワンポイント印象をつくる

ノーマルな茶封筒などでは味気ない雰囲気が前面に出てしまいますが、マスキングテープを少し使ってあげるだけでも華やかさをつくり出すことができます。

数色のマスキングテープを用意しておき、封筒にテープで2~3本ラインをつくってあげるだけでも印象は大きく変わります。

「何か味気ないな」と感じるときには是非使ってみて欲しいテクニックです。

まとめ

華やかな梱包にしようとすると、最低限の梱包よりは多少費用がかかってしまいます。

しかし多少高くなってしまっても、長い目で見ればリピーターが増えて有効な先行投資となります。

最近では100円ショップでもおしゃれな梱包材が売られているので、安く揃えたいときには有効に活用してみましょう。