仕事や趣味の経験をサイトアフィリエイトで活かす方法

syumi

サイトアフィリエイトは基本的に、多くのコンテンツを投入してサイトの価値を上げていき、SEOで上位表示させることが王道手段となります。

しかし掘り下げて行けば行くほど多くの専門的な知識が必要となるのも事実です。

そこで、なるべく簡単に価値の高いサイトをつくるため、仕事や趣味を活かしたサイト運営の方法についてご紹介します。

ノウハウサイトという手法

サイトアフィリエイトにもいろいろありますが、最もシンプルでわかりやすいのはノウハウサイト系です。

ノウハウサイトというと誰も知らないような専門的なノウハウが求められると思いがちですが、決してそんなこともありません。

ちょっとした知識だとしても、同じジャンルのノウハウをひとつのサイトにまとめておくだけで価値が出ることだってあるのです。

最近ファイナンシャルプランナー監修の記事や医師監修の記事など増えていますが、そこまで専門的な知識がないとかけない文章ではなくとも大丈夫です。

普段何気なく行なっていることでも、実は他の人からすると貴重なノウハウだったりすることも珍しくありません。

そういった日常生活の中にあるノウハウを集めてみてもいいですし、もちろん何かに特化した専門的な知識を持っているのであれば、その知識を活かさない手はありません。

脳みそをフル回転させてそのノウハウを余すことなく絞り出すと良いでしょう。

仕事の経験をノウハウにしよう

「専門知識なんて持ってないよ」という人でも安心してください。

あなたが今まで経験してきた仕事がそのままノウハウになるはずです。

どんなジャンルの仕事でも、ノウハウにするネタは隠れています。

その業界では常識となっていることでも、一般の人からすると知らない知識かもしれません。

また、ノウハウというと専門的な情報ばかりを考えてしまいがちですが、もっと気楽に考えてみましょう。

例えば、体験談的な内容の記事をノウハウサイトに投稿してもいいのです。

一見専門性が低そうな事務仕事だとしても、「長時間のデスクワークでも肩や腰が疲れにくい工夫」であったり、自分なりの仕事時短術や資料作成術など、考えてみるといろいろあるものです。

「こんなこと誰でも知ってるし・・・」と思うかもしれませんが、そういった「よくあるノウハウ」を求めている人も必ず存在します。

ノウハウサイトだからといって、誰も思いつかないような奇抜なアイデアばかりが必要なわけではありません。

定番のノウハウだとしても、同じジャンルでたくさんの小さなノウハウを集めてあげることで大きな価値を生み出すのです。

何かのソフトやサービスの登録手順などを、画像を使ってわかりやすく解説してあげるだけでもその記事で助かる人は存在し、立派なノウハウ記事となります。

簡単な内容からでもコンテンツを充実させていけば、アクセスが集まりやすいネタがわかってくるはずなので、そこに的を絞って掘り下げていくことで自然と専門的なノウハウも提供できるようになるでしょう。

趣味の知識をノウハウにしよう

仕事の経験の他にも、趣味の知識を活かすこともできます。

読書でもゲームでもスポーツでも、何にでも特有のノウハウが隠れています。

速読法であったり、ゲームの攻略法・裏技、スポーツで使用する道具のメンテナンス法だったりと、切り口はいろいろと考えることができるはずです。

趣味の場合は知らないことを調べることも苦にならないため、継続して更新していきやすいのも特徴です。

今ハマっていることやずっと続いている趣味があれば、それをノウハウとして共有することで立派なノウハウサイトができあがることでしょう。

以前紹介した燻製が趣味で始めた燻製ブログというのも一つのノウハウサイトです。

経験も知識もなくてもできるノウハウサイト

あまりひとつの仕事を長く経験したことがない人や、これといった趣味がない人におすすめしたいのは、あえてまったく知らないジャンルのノウハウサイトをつくることです。

まったく知らないということは不利に思うかもしれませんが、案外ゼロから情報収集を始めた方が中途半端に変な知識が邪魔せず効率的だったりすることもあります。

ポイントは「知識はなくても興味はある」というジャンルを選ぶことです。

知識も興味もまったくないジャンルでは継続することが難しくなるので、これからチャレンジしてみたいと思っているようなことであれば、リサーチも楽しくできるのでおすすめです。

また、その未知のジャンルへの挑戦の過程をブログに綴っていけば、それもまたひとつのブログコンテンツとして収入源へ変えることができるかもしれないので、余裕があれば挑戦してみましょう。

まとめ

ノウハウサイトは専門性が高いことも強みになりますが、まずは間違った情報を提供しないことが重要となります。

しかし、個人の感想のようなそもそも正解のないネタもあるため、そういった書きやすい記事から書いていくのも良いでしょう。

専門性の高い情報を集めたサイトもノウハウサイトで間違いありませんが、常識的な情報を集めたものだってノウハウサイトなのです。

その情報に需要さえあれば、専門性の高さはそれほど重要ではありません。

ひとつのジャンルで更新を続けていれば、自然と専門的な記事を書くことにもなるので、まずは書ける範囲のノウハウから提供していくノウハウサイトをやってみてはいかがでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

ロバート 前田

人材派遣を学生時代から始めたのをキッカケに、人生相談を12年で1万人以上の人たちから受けています。 現在、 お金を守る、 お金を殖やす、 お金を稼ぐを テーマにLTV(生涯支出) とどこまで向き合えるのか?! をテーマに日々精進しています。