誰でも始めやすいレビューサイトで稼ぐ具体的手法

rebyu

サイトアフィリエイトの手法のひとつに「レビューサイトアフィリエイト」というジャンルがあります。

専門的な知識がなくても始められることから、誰でも気軽に始めることができるサイトアフィリエイトです。

今回はこのレビューサイトを使ったアフィリエイト手法についてご紹介します!

レビューサイトとは

レビューサイトは多くの商品を比較して一覧にするようなサイトと思われがちですが、ここでいうレビューサイトはそれとは異なります。

アフィリエイトでは特定の商品に的を絞り、その商品の使い方や性質を詳しく解説して商品の販売へつなげることを目的につくるサイトのことをいいます。

基本的には自身で使用してみないとわからないことも多いので、実際にその売りたい商品を自身で使用してからレビューするというのが王道の手順です。

扱う商品選びで注意すること

レビューサイトをつくるには、まずは売りたい商品を決めなければなりません。

しかし商品選びにもいくつか注意しておかなければならないことがあります。

まず、基本的には「1サイト1テーマ」となります。

これはサイトアフィリエイトの基本的なことでもあるのですが、ジャンル関係なく手当たり次第商品を紹介しているサイトよりも、1つのテーマに特化しているサイトの方が信頼性が高くなり、SEO的にも有利に働くのです。

例えば「ダイエット」がテーマであれば、ダイエットに関する記事のみを書いていきます。

他のテーマを書きたいのであれば、新たにそのテーマに特化したサイトをつくって、そちらで書くようにしましょう。

また、紹介する商品の種類もあまり多くなりすぎないようにすることをおすすめします。

テーマが共通していれば1サイトで複数の商品を紹介することは問題ありませんが、あまり多すぎると効果が分散してしまうので、3~5個程度にしておくことが無難でしょう。

読者の共感を得るための工夫

レビューサイトアフィリエイトの最大のポイントは、サイトに訪れた読者にいかに共感してもらえるかという部分です。

せっかくサイトに来てもらって記事を読んでもらっても、共感できるところがまったくなければ商品を買ってもらうことは難しいでしょう。

共感を得るためにやるべきことは、まず「売りたい!」という気持ちを見せないことです。

商品を売ることばかりが先走っている記事は、その気持ちが読者に伝わります。

商品をべた褒めするだけの記事であったり、強引に購入ページへのリンクをクリックさせようとする書き方は読者を遠ざけてしまいます。

商品を売るためのページでも、宣伝色をできるだけ無くすことがポイントです。

そのためにも良いことばかりを書くのではなく、改善して欲しい点も正直に感想として書くことをおすすめします。

ちゃんと悪い点も書いていれば宣伝色が減り、読者からの信頼度は自然と高まります。

悪いところばかり紹介しても売れませんが、バランスを考えて良いことだけではないということもしっかりと書いていくようにしましょう。

実践レポート記事の強み

実践レポート風の記事を書いていくことも、レビューサイトアフィリエイトでは非常に有効です。

例えばダイエットをテーマにしているのであれば、そのサイト内で紹介している商品を実際に自分が使用し、その結果体重やウエストにどのような変化があったかを詳しくレポートにするのです。

時系列で変化がわかるような構成にしてあげると、その商品の効果がわかりやすいので読者の興味を惹きやすくなります。

ビフォーアフターのように実際に使用した人の効果を見ることができれば、「私も使ってみたい!」と思わせることができます。

効果が出ることが前提となる方法ではありますが、実際に目に見える効果が出るのであれば、実践レポート記事は強力な武器となるでしょう。

手間と時間がかかる分、ライバルも少ないので狙い目の手法です。

セルフバックを有効に活用する

アフィリエイトASPによっては、紹介できる商品を自身で購入すればその金額の一部をセルフバックしてくれるサービスがあります。

レビューサイトの場合自身でその商品を体験することが前提となるため、このサービスを有効に活用すれば出費を少なく収めることができます。

高額な商品になればなるほどこのサービスは非常に助かるので、使わない手はありません。
レビューする商品を探すときには、このセルフバックが対象となっているかどうかもよくチェックしてみることをおすすめします。

まとめ

レビューサイトは自身の興味あるジャンルで行うと長続きしやすくておすすめです。

ダイエットしたい人であればダイエットサプリメントなどをレビューすれば、自分も痩せれてお金も稼げるという一石二鳥となります。

ゲームが好きならゲームのレビューでもいいですし、家電などでもいいですね。

自分の好きなものに触れて、最新の商品に詳しくなりつつお金も稼げるようになれれば理想的です。

まずはお金を稼ぐというよりは、ストレスなく継続できるという点で興味のあるジャンルで商品選定をしてみることをおすすめします。

ABOUTこの記事をかいた人

ロバート 前田

人材派遣を学生時代から始めたのをキッカケに、人生相談を12年で1万人以上の人たちから受けています。 現在、 お金を守る、 お金を殖やす、 お金を稼ぐを テーマにLTV(生涯支出) とどこまで向き合えるのか?! をテーマに日々精進しています。