webライターのやり方と稼ぐ方法を徹底リサーチ

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%91

最近話題のwebライターという仕事をご存じですか?

文章を考えることが得意な人は打ってつけの仕事ですが、案外そのあり方を知らない方が沢山いらっしゃるようです。

やり方さえ分かればちょっとした時間の合間にPCに向かい文章を考えるだけでおこずかい稼ぎができてしまいますよ。

実際空き時間をうまく利用し、WEBライターとしての収入だけで生活する方もいらっしゃいます。

また、主婦や会社員の副業としても徐々に人気を集めている職業でもあるのです。

そこで今回はそんなwebライターについて詳しくリサーチしてみました。

webライターになるために

pak86_atamakakaerujyosei20140125_tp_v

まずはそんな方法でwebライターになるのかを考えてみましょう。

その方法はwebの中にあふれているんです。

ご自身に合う方法を見つけてチャレンジしてみてはいかがですか?

クラウドソーシングに登録する

ライターというととても難易度が高そうに思いますよね。

でもそんなことはないのです。簡単にライターになる方法はそのサイトに登録することです。このシステムとしては記事を書いてほしい依頼者がそのサイトに依頼を載せ、ライターが書きたいものに応募するという形です。

有名な所でも3か所くらいあるので実際にチェックしてみましょう。

登録もとても簡単で、まずは名前や基本的な情報の登録で構いません。その後の振込先やどのくらいのペースで取り組むかなどを書きこんだりします。

主婦の方が子育ての合間などに始まれるケースが多く、とても簡単に始めれるということがよくわかりますよね。

仕事の内容は難しいものから簡単なものまで様々です。

ジャンルも様々ですので、自分の得意なものを選択することが可能です。

また、締切が厳しくないものも沢山あります。

そんなところも簡単に始められるポイントですよね。

簡単であるということが一番のメリットでしょう。

しかし、残念ながらデメリットも存在します。

それは収入の問題です。

依頼者とライターの間にサイトが入っているので、そこに手数料がかかってきてしまいます。

そのため、単価が低くなってしまいますね。

webメディアに応募する

有名なwebメディアのライターも案外と頻繁に、募集をしているのでその都度確認して応募するといいでしょう。

よい記事であれば使ってもらえるのでそうなれば、webライターとしてデビューできます。

初心者がいきなり応募しても、採用されることは難しいですね。

ある程度の経験と知識が必要な場合もあります。

まずは、簡単なクラウドソーシングで経験を積むことが長く続けるコツになりますよ。

でも採用されれば定期的な収入となりますので、安定しますよね。

しかも、手数料などは基本的にかからないので単価はクラウドソーシングよりも高い場合が多いです。

ライター職の社員となる

「文章を書くことは任せなさい!!」という方は、もう職業にしてしまいましょう。

Webを覗けば沢山の情報が飛び交っていますよね。その一つ一つに文章が書かれていますが、それらの記事をかいているのも大半がライターです。

ですから、ライターの需要も沢山あるのです。

しかし、ライターになるためにはPCのスキルが必要不可欠ですよね。

文字を打つ速さも必需品となるでしょう。

それらのスキルを持ち合わせている方は、ぜひ社員になることをオススメします。

webライターで稼ぐには??

uni16040516img_0017_tp_v

webライターになる方法がわかりましたが、稼ぐことが出来ないと意味がありませんよね。そこで今度は稼ぐ方法を見ていきましょう。

書籍化を目指す

しっかり文章が書けると言う方は、書籍化を目指すとしいでしょう。

『電車男』というお話を覚えていますか?

あれも、ライターさんが自由にかいたものが注目を集めて書籍化することになり大ヒットしたのです。

そうなれば、とてつもない収入がえられますよね。

こちらは記事というわけではなく、自由に書くスタイルのものですので小説に近いイメージですね。

単価の高い契約をする

クラウドソーシングに登録している場合、記事の単価は契約それぞれに違います。

1記事の単価が500円以上違うこともあります。

そのため、よく見て応募する必要があります。手数料がかかることも充分に考えて、時間や文字数も考えて応募することをオススメします。

技術を身に着ける

ライター初心者は文章の構成が難しいと感じるかもしれません。

でも書いていくうちにだんだんとそのスキルは上がっていきます。また、文字を打つスピードもぐんぐん上がっていきます。

しかし、それだけではライターの仕事ないように見合う収入がえられない場合があります。

そのために様々な記事を読んだりして自分自身の文章のスキルをあげる必要があります。

また、パソコンの技術も勉強すること方がいいでしょう。

ライターを職業にする場合はパソコンの検定試験などをうけて合格していると有利ですが続けるうちに身に付けられる技術もたくさんあります。

技術を身に付ければ、1つの記事にかかる時間も短くて済みますしとても効率よくライター業ができますよ。ぜひ、チャレンジしてみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

ロバート 前田

人材派遣を学生時代から始めたのをキッカケに、人生相談を12年で1万人以上の人たちから受けています。 現在、 お金を守る、 お金を殖やす、 お金を稼ぐを テーマにLTV(生涯支出) とどこまで向き合えるのか?! をテーマに日々精進しています。