ひとり暮らしで貯金するためのコツとは??

898edacfb8a7c8f5c091854e06c4ba23_m

今月も全く貯金できなかったなあ・・。

自分は独身なのに貯金できず、結婚して家庭を持つ友達は同じお給料でもちゃんと生活できて貯金までできているなんて思うと、どうして自分は貯金できないのか?なんて思ってしまいますよね。

でも、安心してください。

実家で暮らしていても貯金できない人はできませんし、自分よりお給料をもらっている人でもできない人は全くできないのですから・・。

逆に言えば、貯金の目標額を決めて節約できそうなところをやっていけば、貯金できるということですね。

貯金を始めるのは今からでも遅くありませんよ。

ここでは、一人暮らしでも貯金できるコツをご紹介してみましょう!

貯金のために節約する際の5つのポイント

b2e61d75735652ed7256af7f2345c341_m

自炊に挑戦しよう

当たり前のことですが、外食やお惣菜を買うと作るよりかなり割高ですよね。

まだお弁当屋さんなどの200円程度のお弁当ならいいですが、そこには容器代や人件費なども入っているので、自炊に比べたら割高になるのは当然と言えば当然です。

一般的に一人暮らしの人は月々調理済み食品に6000円程度、外食に11000円程度ほどかけていると言われています。

逆に、米などの穀類は2500円程度と飲み物代より少ないという調査結果もあります。

これで分かることは、いかに一人暮らしの方が自炊をせず出来合いの食品などを買っているか・・ということでしょう。

お米なら安いものだと10キロで3000円程度で購入できますよね?

このお米をいかに効果的に使うかが、自炊での節約で重要になってきます。

自販機などで飲み物を買わないようにする

自販機やコンビニでよく買うのが飲み物ですが、これをちょっと考え直してみませんか?

こういった飲み物はどれも家で作れるものばかりです。

それをマイボトルに入れて持ち歩けば毎月その分貯金できますよ。

入浴はシャワーに切り替えよう

1b9276f39e1aead3e09168dcad351879_m

一日仕事で疲れて帰ってきたら湯船にゆったりと浸かりたいという気持ちは日本人なら当たり前かもしれません。

でも、ちょっとでも貯金をしたいという方はガス代や水道代を節約できる方法を考えてみてはどうでしょうか?

お風呂をシャワーに切り替えるだけで、1か月あたり1500円程度、年間だと20000円もの節約ができ、その分貯金できるというわけです。

メイク代を節約する

スキンケア用品やメイクアップ用品などは、人気のあるタレントさんを使って宣伝し、女性のキレイになりたいという気持ちをアップさせます。

その広告につられてしまい、余計なメイクアップ用品などを買ってしまったり・・ということをしがちですよね。

メイク用品の値段はいろいろな価格設定がされており、お肌が弱くて特定のものしか使えないという人以外は、どういったものでもある程度以上の品質なので、一度見直してみてもいいかもしれませんね。

ただ、こういったスキンケア用品はもし使ってみて合わない場合に返品できないため、一度サンプルを使ってみてから試した後に現品を買うようにするといいでしょう。

そうすれば無駄遣いも減り、その分貯金に回せるはずですよ。

お財布の中を常に同じ状態に

なかなか貯金ができないという方は、知らず知らずのうちにお金が減っていると感じているはず・・。

実際には、自分自身でお財布からお金を出して払っているはずですので、知らない間になくなっているということはなく、どのくらい使っているのか覚えていないというだけです。

なので、いつもお財布に入れておく金額を同じにしておけばいいわけですね。

たとえば、毎日使える金額が2000円まで・・と決めたのなら、お財布にはそれ以外のお金を入れないようにするだけ。

家に帰ってから残りの分はそれを貯金箱に入れましょう。

次の日はまた2000円だけ入れておけばいいのです。

こうすることで、毎日どういったものにお金を使っていくら残ったのかを常に把握できます。

いつの間にかお金が減っていた・・なんてことを防止できるわけですね。

貯金箱に貯まったお金は、月に一回銀行などに持って行き口座に入金してしまいましょう。

ほんの少ない金額だったとしても、チリも積もれば山となる・・ですよ。

また、長期間続けていけばまとまった金額になるはずです。

ストレスを溜めずお金を貯める

60981662423149ca189f01f8df2b1b5d_m

目標額を決めて毎月いくら貯金するぞなんてがんばっても、途中でつい息切れしてしまうことも。

そんな時には節約のためにストレスが溜まっていると言ってもいいでしょう。

ストレス発散ができないと無駄使いしてしまうという方向に走る可能性もあるので、早いうちに発散しておく必要がありそうです。

まとめ

学生さんでも社会人の方でも一人暮らしをする上で不安はついて回るもの。

一人暮らしなんだから無駄遣いできないなんて思うのではなく、常に未来のための節約や貯金ができるのが理想ですね。

貯金がどんどん増えてくると節約しようとさらにやる気がアップしますし、通帳を見るのが楽しくなります。

なので、こまめに通帳を見るのはおすすめです。

ぜひ、ストレスを溜めずに無理することなく、今日から始めてみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

ロバート 前田

人材派遣を学生時代から始めたのをキッカケに、人生相談を12年で1万人以上の人たちから受けています。 現在、 お金を守る、 お金を殖やす、 お金を稼ぐを テーマにLTV(生涯支出) とどこまで向き合えるのか?! をテーマに日々精進しています。